HOME > 支援メニュー > トライアル実行支援事業

支援メニュー

トライアル実行支援事業

事業概要

商店街が売上げなどにつながる新しいチャレンジ(トライアル)を行うときに、その実行を支援します。
支援センターは、計画づくりからトライアル実行、成果共有まで、専門家(以下、「支援パートナー」と表記)を派遣して、商店街の実状に応じて伴走型で支援し、商店街がトライアルを継続した事業にできるようサポートします。

リモート(オンライン)でも専門家のアドバイスを受けることができます。
トライアルの実行費用として、新型コロナウイルス感染病対策にかかる費用を別途2万2千円(税込)まで加えることができます。
派遣日程やトライアル実行の時期など、状況に応じてスケジューリングできます。

※ただし、トライアルの実行には実行コースで採択される必要があります。

トライアル公募要領の図

事業のチラシはこちらをクリック

支援の内容

実施計画作成から成果共有まで、2つのコースにより支援します。

ステップ1 計画コース

●支援パートナーの派遣(半日~最大4日まで)

企画に基づいて、実行性・継続性の高い「実施計画書」を作成します。トライアルの内容やスケジュール等の具体化、目標設定や経費の積算など、OJT型の支援をします。

ステップ2 実行コース

●支援パートナーの派遣(半日~最大7日まで)

計画の実行、進捗管理、成果測定、共有会の開催、報告書作成など、OJT型の支援をします。

●経費の支援

トライアル実行に係る経費を上限77万円(税込)まで、必要に応じて新型コロナウイルス感染症対策に係る費用を別途、原則上限2万2千円(税込)まで支援センターが負担します。

応募は原則として「ステップ1 計画コース」からの申し込みとします。
支援に際しては、支援センターが適切と判断した支援パートナーを派遣します。
ステップ2に進むには、実施計画書を提出し、審査で採択を受ける必要があります。
本事業応募の前に「トータルプラン作成支援事業」の受講をお薦めします。
募集概要

募集期間

第9回募集:令和3年11月1日(月) ~ 11月15日(月)

※第9回募集は終了いたしました。

※計画コースを終えて実行コースへお申し込みされる場合は随時受け付けます。

公募要領・申請書

申し込み可能な団体

原則として、規約等により代表者の定めがあり、年度ごとに事業および収支の計画・報告を行っている以下の組織とします。

商店街振興組合、商店街振興組合連合会、事業協同組合、協同組合連合会、任意の商店街組織、商工会議所、商工会、商店街あるいは商店街の構成員が出資・設立した民間企業等

お問い合わせ

トライアル実行支援事業 担当

03-6228-3061

try@syoutengai-shien.com

支援事業の一覧はこちら
最上部へ