HOME > 支援メニュー > トータルプラン作成支援事業

支援メニュー

トータルプラン作成支援事業

事業概要

活性化を目指し自らのビジョンおよびプランを作成することで、問題解決の第一歩を踏み出そうとする商店街を支援します。
商店街の状況により、「実践コース」「1日体験コース」「ブラッシュアップコース(調査)」「ブラッシュアップコース(体制づくり)」の4コースをご活用いただけます。

・研修は各回2時間です
・支援センター作成のテキストを使用して進めます
・幅広い知識をもった専門家※が毎回サポートします
・実践コースとブラッシュアップコースは状況によって回数アレンジが可能です
 ※以下「支援パートナー」と表記します

事業のチラシはこちらをクリック

各コースの体系

トータルプラン作成支援事業 繁盛店づくり支援事業へ 商人塾支援事業へ トライアル実行支援事業へ

各コースの内容

実践コース

支援パートナーのサポートのもと、ワークショップ形式で商店街の現状や強みを活かして取り組むべきことを話し合う本事業の基本コースです。

≪ビジョン作成研修≫

・ワークショップ形式で商店街の現状を確認して、商店街が目指す理想像と取り組むべきこと(課題)やテーマを話し合います。
・参加者が主体的に話し合うことで、商店街の今後に活用できることを明確にするとともに、取り組むべきこと(課題)やテーマを整理していきます。
・「商店街のキャッチフレーズ」を決定して、プラン作成研修へ向けて、取り組むべきこと(課題)やテーマ等について情報共有を図ります。

≪プラン作成研修≫

・ビジョン作成研修で話し合った「商店街のキャッチフレーズ」や、取り組むべきこと(課題)やテーマに基づき、具体的な取組みを考えます。
・考えた取組みを、優先順位をつけて絞り込みます。

1日体験コース

実践コースで行うワークショップを体験するとともに、商店街活性化の事例講演を聞くことができる1日型の体験コースです。

≪商店街事例講演≫

・商店街活性化に取り組んだ商店街の事例についての講演をお聞きいただき、活性化に向けた取組みを学びます。
・実践サポーターまたは支援パートナーの講演の内容につきましては、本コース申込み時に、支援センターと相談の上決定します。

≪ワークショップ体験≫

・支援パートナーのアドバイスのもとワークショップを体験します。
・自身の商店街に関するテーマを中心にグループ討議を行います。

※「実践サポーター」とは、原則として、過去に支援センター事業を受講し、商店街活性化に向けた取組みを継続実施している方等を指します。

ブラッシュアップコース(調査)

本事業の実践コースで考え出した取組みやプランの実行性をより高めるためのコースです。商店街のみなさま自身により、利用者のニーズ等について調査と集計を行います。また、支援パートナーによる分析結果をもとに、プランをより具体化します。オプションとして、プランの実行へ向けて、実行スケジュール、手順、実施体制等をより詳細に検討するカリキュラムもあります。

・本研修では、プラン作成研修で導き出したプランの実行に向けて、商店街自らがプランのニーズや実施規模等について調査および集計します。
・支援パートナーの支援による調査結果の分析のもと、プランの内容をさらにブラッシュアップするとともに、優先順位づけ、資金手当て、実施範囲・時期等を検討します。
・原則として、本研修の受講は、プラン作成研修を終了していること、または、それと同等のプランを有していることが前提となります。
・オプション研修は、トライアル実行支援事業 への申請を検討している等、商店街が希望し、かつ支援センターが必要と判断した場合に実施可能です。

ブラッシュアップコース(体制づくり)

本事業の実践コースで話し合ったプランを実行するために、商店街組織の実行体制づくりを図ります。実行に向けて具体的な役割分担を検討するとともに、実行体制の在り方を考えます。オプションとして、設立する別組織の形態や、その他の必要な検討事項について話し合うカリキュラムもあります。

・本研修では、商店街のさまざまな実行体制を学ぶとともに、プランを実行するための体制づくりを行います。
・商店街の組織的な強みを確認し、プラン実行に必要な役割分担と実行体制を検討します。
・原則として、本研修の受講は、プラン作成研修を通して作成したプラン、または、それと同等のプランが有ることが前提となります。
・プラン実行に係る経費を商店街の資金で賄うことができる場合等には、支援センターと相談の上、2回目で終了することができます。
・オプション研修は、会社等の別組織の設立を検討する場合等、支援センターと相談の上、実施可能です。
・会社等の別組織を設立する場合、実際の設立に際しては、様々な条件や法律等の規定があるため、司法書士、税理士、社会保険労務士等の専門家にご相談することをお勧めします。(支援センターからの専門家の派遣や紹介は行っておりませんのでご了承ください。)

※商店街の状況によって派遣回数を短縮することができます。
※研修は原則として最終回まで実施することが前提ですが、状況により支援センターと相談の上、途中での終了も可能です。
※詳細はお申込み時に支援センターにご相談ください。

支援パートナーリスト

本事業で派遣される支援パートナー(講師)は下記の通りです。

令和2年度支援パートナーリスト

募集概要

募集期間

第7回募集:令和2年9月1日(火) ~ 9月15日(火)

※第7回募集は終了いたしました。

公募要領・申請書

申し込み可能な団体

商店街の活性化を目指してビジョン・プランを作成し、実行につなげたいと考える商店街等が対象です。

商店街振興組合、商店街振興組合連合会、事業協同組合、協同組合連合会、任意の商店街組織、商工会議所、商工会、商店街あるいは商店街の構成員が出資・設立した民間企業等

・規約等により代表者の定めがあり、年度ごとに事業および収支の計画・報告を行っている商店街等が対象です。

お問い合わせ

トータルプラン作成支援事業 担当

03-6228-3061

total@syoutengai-shien.com

支援事業の一覧はこちら
最上部へ