HOME > 支援メニュー > トータルプラン作成支援事業

支援メニュー

トータルプラン作成支援事業

事業概要
トータルプラン作成支援事業

新型コロナウイルスの影響により商環境が大きく変化し、商店街の売上減少に歯止めが掛からない中、商店街が一丸となって売上回復等につながる取組みを考えることを目指します。
商店街の状況により、「実践コース」「1日体験コース」「ブラッシュアップコース(調査)」「ブラッシュアップコース(体制づくり)」の4コースをご活用いただけます。

リモート研修スタート

リモートによる研修も可能です。研修会場と支援パートナーをリモートでつなぎ、パソコンやモニター画面を通して、「1日体験コース」「実践コース」等のワークショップを実施します。新型コロナウイルス感染症対策の一環としてご活用ください。

トータルプラン作成支援事業_02

各コースの体系

トータルプラン作成支援事業_01 繁盛店づくり支援事業へ 商人塾支援事業へ トライアル実行支援事業へ

◎研修は各回2時間です
◎支援センター作成のテキストを使用して進めます
◎商店街活性化に関する知識をもった支援パートナーがサポートします
◎支援パートナー派遣に伴う費用は無料です

事業のチラシはこちらをクリック

トータルプランよくある質問

各コースの内容

通常研修(対面研修)

1.「実践コース」(基本6回+オプション1回)

ワークショップ形式で、商店街の現状を確認した上で、商環境変化に対応して売上回復等につながる取組みについて話し合います。
商店街の現状を確認して、目指す商店街、対応するための方向性や商店街の「キャッチフレーズ」を話し合います。その上で、方向性やキャッチフレーズに基づいた具体的な取組みを話し合い、商店街のみなさまによる実行を目指します。

2.「1日体験コース」(1回のみ)

実践コースで行うワークショップを体験するとともに、商店街活性化の事例講演を聞くことができる1日型の体験コースです。

3.「ブラッシュアップコース(調査)」(基本3回+オプション1回)

実践コースで考え出した取組みやプランの実行性をより高めるためのコースです。商店街のみなさま自身により、利用者のニーズ等について調査と集計を行います。また、支援パートナーによる分析結果をもとに、プランをさらに具体化します。

4.「ブラッシュアップコース(体制づくり)」(基本3回+オプション1回)

本事業の実践コースで話し合ったプランを実行するために、商店街組織の実行体制づくりを図ります。実行に向けて具体的な役割分担を検討するとともに、実行体制の在り方を考えます。

※商店街の状況によって派遣回数を短縮することができます。
※研修は原則として最終回まで実施することが前提ですが、状況により支援センターと相談の上、途中での終了も可能です。
※詳細はお申込み時に支援センターにご相談ください。

リモート研修

1.「リモート1日体験コース」(1回のみ)

本事業の1日体験コースをリモートで実施します。
リモートでのワークショップを体験していただくことで、対面での話し合いとの違いを体感するとともに、慣れ親しんでいただくことを目的とします。コロナ禍での実践コースをご検討いただいている場合には、ぜひご活用ください。

2.「リモート実践コース」(基本5回)

本事業の実践コースをリモートで実施します。

※リモート実践コースの実施にあたっては、リモート1日体験コースの実施が必要になります。
※ネット環境の機材の貸出も可能です。詳細はお問合せください。

リモート研修

支援パートナーリスト

本事業で派遣される支援パートナー(講師)は下記の通りです。

令和3年度支援パートナーリスト

募集概要

募集期間

第7回募集:令和3年9月1日(水) ~ 9月15日(水)

※第7回募集は終了いたしました。

公募要領・申請書

申し込み可能な団体

商店街の活性化を目指してビジョン・プランを作成し、実行につなげたいと考える商店街等が対象です。

商店街振興組合、商店街振興組合連合会、事業協同組合、協同組合連合会、任意の商店街組織、商工会議所、商工会、商店街あるいは商店街の構成員が出資・設立した民間企業等

・規約等により代表者の定めがあり、年度ごとに事業および収支の計画・報告を行っている商店街等が対象です。

お問い合わせ

トータルプラン作成支援事業 担当

03-6228-3061

total@syoutengai-shien.com

支援事業の一覧はこちら
最上部へ