HOME > 支援メニュー > 商人塾支援事業

支援メニュー

商人塾支援事業

事業概要
商人塾支援事業

地域の課題・ニーズ等商店街を取りまく現況の把握、商店街活性化のための実践的なノウハウの習得、商人として必要な企業家精神・個店経営力アップのための研修等を実施する「商人塾」の開催を支援します。
支援センターはこの「商人塾」を通じて、活性化に向けて必要な知識・スキルを有する商店街人材と若手後継者等の「次世代のリーダー」を発掘・育成するとともに、受講者(以下「塾生」という。)ならびに地域の商店街間のネットワークを構築することを目的とします。

商店街に属していない方でも商店街に属している方と一緒に受講することができます。地域のより多くの方が商店街活動への参加のきっかけとなる「商人塾」の実施が可能となっています。
※詳細は公募要領のp.5の「4.塾生について」をご参照ください

事業のチラシはこちらをクリック

実施機関は、各地域の商店街が抱える課題や問題を明確にし、それらを解決しうる担い手となるような次世代のリーダーを育成するための「商人塾」の実施企画を支援センターに提案します。具体的には、実施機関は、塾生となる商店街関係者等の育成方針やそれに基づいた体系的なカリキュラム等を作成します。
なお、カリキュラムについては、
①商店街研修、②商人研修、③意見交換会・マイプランの作成を基本とし、必要に応じて
④現地調査研修を実施できます。(下記、<研修内容>を参照)

<研修内容>

研修名 概要 回数 区分
商店街研修 商店街の担い手の育成を目的に、商店街活性化に向けた活動に必要な知識・ノウハウや、先進的な取り組み事例など、設定したテーマに沿った研修(コミュニティ・連携・地域資源活用等) 1~4回 必須
商人研修 店舗の魅力づくりや経営者として必要な心構え、基礎知識など
(店舗改善、販売促進(POP、情報発信等)企業家精神等)
1~4回 必須
意見交換会・
「マイプラン」作成
(前半)コーディネーターの進行で全回を振り返り、今後への展望等、議論を深める。
(後半)塾生によるマイプランの作成(それまでの研修を受け、各自が今後への想いを記します)
1回 必須
「マイプラン」の発表
卒塾式
各塾生によるマイプランの発表、卒塾証書授与、コーディネーターの総括など 1回 必須
現地調査研修 コーディネーターが同行してテーマに即した商店街を訪問、視察。当該商店街関係者等の説明を受けながらの意見交換など 1回 任意

【事業のポイント】

・地域の実情や商店街の実態に合ったテーマを題材とする体系的な研修が実施できます。
・先進的な活動に取り組む商店街等への現地調査研修を実施できます。
・研修回数は4回~10回でカリキュラムを組み合わせて実施できます。

ご不明な点や講師選びなどでお困りの際には、お気軽に支援センターにご相談ください

募集概要

募集期間

第4回募集:令和2年10月1日(木) ~ 10月31日(土)

※募集期間内でも予定件数に達する等、予告なく早期終了する場合があります。

公募要領・申請書

申し込み可能な団体

商工会議所、商工会、中小企業団体中央会、商店街振興組合連合会、商店街連合会、協同組合、一般社団法人、NPO法人等商店街支援組織等

なお、過年度受講経験のある商店街が参加する場合は、新たな塾生の参加を必須とします。その際は、
(1)過年度実施からの波及的な効果や成果
(2)卒塾生が新規塾生との交流の観点から、「商人塾」のなかでどのような役割を果たしていくか等について企画提案書に記載してください。
ただし、実施予定件数を超える応募があった場合等は、新規応募を優先する場合があります。

お問い合わせ

商人塾支援事業 担当

03-6228-3061

syouninjuku@syoutengai-shien.com

支援事業の一覧はこちら
最上部へ