HOME >

センターニュース

商店街フォーラムIN熱海  ― 2019.11.20開催 ―

  • イベント

    情報発信

地域への思いが人を動かす ~まちを変える新たな風~  

各地の商店街では人口減少、店主の高齢化、後継者の不在、消費税増税など、取り巻く環境が一層厳しくなることが予想されます。
本フォーラムでは、特に人口減少が進み、商環境が非常に厳しい地方都市において、様々な切り口で積極的に活動している地域のキーパーソンを招き、取組みを共有、発信し、全国の商店街活性化のためのヒントを提供します。

開催概要

【日時】 令和元年11月20日(水) 13:30~17:30(13:00 受付開始)
【場所】 KKRホテル熱海 3階ラヴィ ( 静岡県熱海市春日町7-39 )
【参加費】原則無料
【申込方法】本フォーラムに参加ご希望の方は、下の参加申込書 (PDF・EXCEL) いずれかに必要事項をご記入の上、FAXもしくはメール添付にて弊社までお送りください。

↓↓↓↓↓

※申込書送り先はこちら。
↓↓↓
FAX:03-6228-3062
メール:forum@syoutengai-shien.com

プログラム(予定)
日時 内容
13:00~ ◆受付開始
13:30~14:00 【開会挨拶・オープニング講演】主催者挨拶等
桑島俊彦 (株)全国商店街支援センター 代表取締役社長
14:00~15:45 ◆キーパーソンが語る取組みのプレゼン及び会場とのトークセッション
ファシリテーターとゲスト1名

ファシリテーター
東朋治 氏  ㈱商業タウンマネジメント 代表取締役

ゲストスピーカー
市来広一郎 氏 (静岡県熱海市)   NPO法人atamista 代表理事、株式会社machimori 代表取締役
櫻田七海 氏(岩手県岩手郡雫石町)  特定非営利活動法人まちサポ雫石 理事長
長谷渉 氏 (北海道帯広市)     帯広電信通り商店街振興組合 理事長
15:45~16:00 休憩
16:00~17:00 ◆パネルディスカッション

コーディネーター
中島裕一 氏  中小企業サポートオフィス静岡 代表

パネリスト
上記ファシリテーター及びゲスト3名
17:00 ◆閉会
17:00~17:30 講師・参加者の名刺交換等フリータイム                      17:30 閉場
ゲストスピーカーの紹介

□ 市来広一郎氏    熱海V字回復のキーマン

“100年後も豊かな暮らしができる熱海(街)をつくること”を目指し、2007年熱海にUターン。ビジネスの手法を用いて、ゼロから地域づくりに取り組む。地元の人が地元の魅力を知り楽しむための活動として、遊休農地再生プロジェクトや、地域資源を使った体験交流プログラムを熱海市観光協会、熱海市と協働で実施。2011年民間まちづくり会社「machimori」を設立。空き店舗を再生し、2012年にカフェ「CAFE RoCA」、2015年にゲストハウス「guest house MARUYA」をオープン。現在は創業支援プログラムなども企画運営している。

市来さんの取組み-対談 「活性化への第一歩は、 何を、 どうやる?」

市来さんの取組み-事例 「熱海の奇跡」を生んだあたたかな眼差し


□ 櫻田七海氏     よそ者が地域と商店街をつなぐ

2009年雫石町に移住し、よしゃれ通り商店街にて親子カフェを経営。その後、子育て支援とまちづくりを行うNPO法人「まちサポ雫石」理事長に就任。雫石町まちおこしセンターの指定管理を受け商店街支援に携わる。年々高齢化が進み人口が減少する雫石の現状に向き合い、“この土地に暮らしていくためには地域の人々自らが主体となって行動し、つながりあうことが大切”という信念のもと、交流施設づくり、買い物支援、各種イベント開催など、店主・住民から出される要望を彼らとともに実現しつつ、地域課題の解決を図っている。

櫻田さんの取組み-対談 「活性化への第一歩は、 何を、 どうやる?」

櫻田さんの取組み-事例 小さくてもゆるやかでもみんなで街の課題解決へ


長谷渉氏     高齢者や障がいのある方と協働・共生する商店街づくり

人口減少・高齢化・大型商業施設の進出等で商店街の店舗数が激減したことを受け、2010年に商店街の活性化に向けた取組みを始める。長谷氏の提案により、「高齢者や障がいのある方と協働・共生する商店街」をコンセプトに「働・食・住が揃い、地域貢献ができる場づくり」を目指す取組みを実施。社会福祉法人や障がい者支援団体等と連携し、地域の食や資源を生かす創業と、高齢者・障がい者の社会参画や就労を支援する事業を組み合わせ推進していく。その結果、現在空き店舗はゼロに。商店街区も拡張し、人に優しい商店街を実現している。

長谷さんの取組み-事例 協働・共生するまちづくりを始めたら、雇用も新規店も急成長!

最上部へ