HOME > 活性化事例 > トライアル実行

活性化事例【トライアル実行】

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

空き店舗での「お試し出店」が創業の夢と商店街の“懸け橋”に

トータルプラン

空き店舗総合支援

トライアル実行

空店舗活用

事業名 空き店舗総合支援パッケージ事業
商店街名 若松商店街連合会・北九州商工会議所/福岡県北九州市
概要 若戸大橋、若戸トンネルの無料化により新たなビジネスの地として注目を集める北九州市若松区。そこで、商店街と商工会議所がタッグを組み、「トータルプラン作成支援事業」と「トライアル実行支援事業」を活用し(空き店舗総合支援パッケージ事業)、空き店舗を活用した「お試し出店」にチャレンジ。「商店街から創業者を育成しよう」と動き始めた。
(空き店舗)と(出店希望者)をマッチング 商店街がフルサポートしお試し出店

空き店舗総合支援

トライアル実行

空店舗活用

創業・事業承継

事業名 空き店舗総合支援パッケージ事業
商店街名 黄金地区商店連合会/福岡県北九州市
概要 北九州の元気な市場としてその名が挙がる「黄金市場」。しかし一方で、店主の高齢化と後継者不足で空き店舗が増え続けているという。その状況に「待った!」をかけたのが、新しく誕生した青年部だ。若手を中心に団結して突き進む、新規出店促進の取組みを徹底解剖する。
名物作りで生まれる商店街と地域の一体感

トライアル実行

地域資源

各種連携

事業名 トライアル実行支援事業
商店街名 協同組合 折尾商連/福岡県北九州市
概要 北九州学術研究都市の入口でもあり、1日に約3万人の乗降客数を誇る折尾駅。現在進んでいる整備事業によって人口増加が見込まれる一方、長期に渡る工事により来街者が安心して滞在できない状況が続いており、商連は長年頭を悩ませてきた。そんな折尾で始まったのが、人々を繋ぐシンボルとしての名物スイーツ作りだ。
最上部へ