HOME > 活性化事例 > 安全・安心

活性化事例【安全・安心】

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

街を元気にする地域食堂

各種連携

子育て・高齢者

安全・安心

コミュニティ

SDGs

商店街名 泉町二丁目商店街振興組合/茨城県水戸市
概要 ファーマーズマーケットやバルイベントなど、水戸の街を食で盛り上げる取組みの中心を担ってきた泉町二丁目商店街。’16年からは地域食堂「310(サンイチマル)食堂」もスタート。食の支援のみならず、コミュニティの将来像までも視野に入れたこのプロジェクトとは――?
認知症でつながり、認知症とつながる街へ

各種連携

子育て・高齢者

安全・安心

コミュニティ

SDGs

商店街名 あざみ野商店会協同組合/神奈川県横浜市
概要 「誰もが住みやすい街にしたい」というひとりの住民の願いから始まったあざみ野の「認知症の人にやさしい街プロジェクト」。発足からわずか1年で、福祉施設や大学、サッカーチームなどを巻き込み、大きなムーブメントへと成長した。このプロジェクトの立役者は、あざみ野商店会協同組合。彼らから、地域社会を豊かにする商店街のあり方について学ぼう。
-戸越銀座商店街で考えた-ウィズ・コロナの時代商店街の危機管理とは

安全・安心

情報発信

特集 -戸越銀座商店街で考えた-ウィズ・コロナの時代商店街の危機管理とは
概要 新型コロナウイルスの感染拡大は全国の多くの商店街を危機的状況に陥れた。特に、日本有数のにぎわいある商店街として知られる戸越銀座商店街は、経済的な危機だけでなく、メディアの報道をきっかけに世間からの強烈なバッシングに見舞われた。報道に晒された当事者は、コロナと共に生きる時代の商店街のあり方を、どう考えているのだろうか──戸越銀座商店街連合会の亀井哲郎さんが危機管理アドバイザーの国崎信江さんを聞き手に語った。
商店街も来客者もウイルスから守る!LINE 活用術

安全・安心

情報発信

IT

商店街名 思案橋横丁会/長崎県長崎市
概要
「年を取ったらここで暮らしたい」と思えるライフインフラづくり

各種連携

子育て・高齢者

安全・安心

コミュニティ

商店街名 高松丸亀町商店街振興組合/香川県高松市
概要 日本有数の規模と歴史を誇る高松丸亀町商店街。大胆なエリアマネジメントを通して劇的な再生を遂げた同商店街が次に見据えるのは、「医療」。住みたくなる街を目指して、新施設の誕生や新しい連携の仕組みまで、しなやかな発想に導かれた挑戦が、いま始まろうとしている。
活動×運動×交流で高齢者も商店街も活性化

各種連携

子育て・高齢者

安全・安心

コミュニティ

商店街名 函館朝市協同組合連合会/北海道函館市
概要 北海道の陸の玄関口、豊富な海の幸が集う街・函館を代表する商店街が、函館朝市だ。観光スポットとしても有名な朝市では現在、地元の高齢者に向け「健康×お買い物×食事」を組み合わせた企画「おでかけリハビリ」が好評だ。新たな客層の開拓とともに朝市、参加者、医療関係者にも好影響をもたらしている。
街の治安は商店街が守る。見回り、やってます!

安全・安心

コミュニティ

その他

商店街名 明大前商店街振興組合/東京都世田谷区 宗右衛門町商店街振興組合/大阪府大阪市
概要
商店街×小学校×大学が連携し防災イベントを発信

子育て・高齢者

安全・安心

情報発信

コミュニティ

商店街名 モトスミ・オズ通り商店街振興組合/神奈川県川崎市
概要 東日本大震災をきっかけに、災害時に商店街が果たすべき役割の見直しを図ったモトスミ・オズ通り商店街。緊急時の対応力を強化するため「安心・安全プロジェクト」を推進し、近隣の小学校と大学を巻き込んだ画期的な防災訓練を実施。これまでになかったアイデアで、各方面から注目を集めている。
みんなが自転車を押して歩く安心の風景が生まれたのは、商店街発のユニークな取組みから

イベント

地域振興

安全・安心

情報発信

商店街名 三和本通商店街振興組合/兵庫県尼崎市
概要 路上駐輪や自転車のアーケード内走行などの問題を抱えている商店街は多い。兵庫県尼崎市の三和本通商店街でも、来街者の自転車マナーの向上は大きな課題だった。解決のため立ち上がったのは商店街の女性陣。柔軟な発想と行動力で「自転車マナー日本一」の商店街を目指して突き進む。
超高齢化社会への挑戦、出前商店街という“解”

子育て・高齢者

安全・安心

情報発信

コミュニティ

商店街名 にかほ出前商店街振興会(にかほ市商工会)/秋田県にかほ市
概要 店舗がなくなった地域の高齢者に、買い物とふれあいを楽しんでもらうことを目的に、秋田県のにかほ市商工会が「出前商店街」を始めたのは9年前。いまでは高齢者にとってなくてはならない存在となっている。厳しい高齢化社会を迎える地方の商店街はいかにあるべきか、そのヒントを探る。
最上部へ