HOME > 活性化事例 > 地域資源

活性化事例【地域資源】

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

「熱海の奇跡」を生んだあたたかな眼差し 熱海銀座商店街振興組合(静岡県熱海市 )

地域資源

各種連携

コミュニティ

特集 市来さんが活躍する街に行ってみた ― 特別座談会続編②
概要 奇跡の復活を遂げたと言われる、熱海銀座商店街振興組合。その立役者の市来広一郎さんは、もとは商店街とは縁が薄い人物だ。商店街は市来さんの活動をどのように受け入れ支えているのか―。実際に店主たちに語ってもらおう。
“よそ者”がともす再生の灯。ゼロから商店街の復活へ!

地域資源

空店舗活用

商店街名 釜石大観音仲見世通り(岩手県釜石市)
概要 稼働店舗ゼロからの商店街再生へ向けた取組みが、釜石市の釜石大観音仲見世通りで行われている。キープレイヤーは“よそ者”。そのよそ者ならではの視点とひたむきな思いが街に新しい動きをもたらし、地域住民もその活動を応援する。小さな一歩が次の一歩につながり、仲間たちは確実に増えてきている。彼らの奮闘を追った。
衰退ムードを変えたのは〝場所の価値〟の再発見!

イベント

地域資源

地域振興

空店舗活用

商店街名 大豊商店街(愛知県豊橋市)
概要 大豊商店街では6月の週末に、「雨の日商店街」という空き店舗を活用したイベントを開催している。5回目を数える今年は延べ70店舗が出店。ここでの出店を機に本格開業する店が続出し、数年前まで寂しい風景が広がっていた商店街に活気が戻りつつある。成功の秘密は、地域の魅力を再確認し、それを新しいコンテンツに活かす取組みだ。
商店街がタッグを組んで健康× 活性化を推進!

地域資源

地域振興

各種連携

商店街名 野口英世青春通り協議会・神明通り商店街振興組合・ 会津若松市役所通り商店街振興組合/福島県会津若松市
概要 ’18年の夏からスタートした「会津若松市まちなか元気プロジェクト」。隣接する野口英世青春通り協議会、神明通り商店街振興組合、会津若松市役所通り商店街振興組合が密に連携し、健康をテーマにエリア全体の活性化を目指す。すでにいくつかの取組みがかたちになりつつあり、計画は着々と進行中だ。
レトロな長屋をかっこよく、新しく。

地域資源

地域振興

各種連携

空店舗活用

コミュニティ

商店街名 沼垂テラス商店街/新潟県新潟市
概要 新潟市中央区の沼垂は近年、感度の高い老若男女が集うスポットとしてにわかに注目を集めている。その拠点となっているのが、かつて市場として使用されていた長屋通りを改築した「沼垂テラス商店街」だ。プロジェクトの仕掛け人である田村さん、高岡さんに話を伺った。
厳しい自然も最大の武器に、柔軟な発想で魅力を再発見!

地域資源

地域振興

個店活性

その他

商店街名 西和賀町+協同組合湯本商店会/岩手県和賀郡
概要 年間累積降雪量が10mを超える西和賀町。その「雪」を生かしたプロジェクトが、今注目を集めている。地元食材でつくった商品を「雪」の物語としてPRする手法で、商品と町の知名度は一気に上がる。そんななか、商店街も豊かな地域資源を背景に活動を本格始動させた。
地域資源がなければつくっちゃおう!商店街・地域が一丸に。絶品はちみつを開発

地域資源

地域振興

コミュニティ

商店街名 豊洲商友会/東京都江東区
概要
職人の卓越した技×商店街の自由な発想 手づくりで生んだカバンストリート

地域資源

地域振興

創業・事業承継

商店街名 カバンストリート(宵田商店街振興組合)/兵庫県豊岡市
概要 全国的なカバン産地にもかかわらず、観光資源にできない。そんな課題を抱えた宵田商店街は、商店街ならではの信頼と発想を武器に、「カバンを買える街」という付加価値を身に付けていった。地域資源はいかにして観光資源へと変わるのか。そこには地道な取組みがあった。
大きなビジョンと細やかなサポートを両輪に ジーンズストリートが拓く未来

イベント

地域資源

地域振興

各種連携

情報発信

個店活性

商店街名 児島ジーンズストリート協同組合/岡山県倉敷市
概要 地域活性化のモデルとして名高い児島ジーンズストリート。地場産業と商店街の発信力をより向上せしめたものは、強力なリーダーシップと壮大なビジョン、それを現実に落とし込む関係者たちの活動だった。ストリートがつくり上げられる、その取組みの核に迫った。
観光協会とのタッグでツアーを推進 商店街が復興のシンボルに

地域資源

地域振興

各種連携

災害復興

コミュニティ

商店街名 南三陸さんさん商店街/宮城県南三陸町
概要 ’11 年3月11日、 東日本大震災の大津波によって甚大な被害を受けた、宮城県南三陸町。苦難を乗り越え、壊滅状態だった複数の商店街から店主たちが集い、新しい商店街をスタートすると、観光客が急増した。そのきっかけのひとつが、被災した町を歩く「復興ツアー」だ。
最上部へ