HOME > 活性化事例 > 地域振興

活性化事例【地域振興】

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

ハード優先の失敗から学び市民主導で人材と場をつなぐ

地域振興

コミュニティ

商店街名 まちづくり機構ユマニテさが/佐賀県佐賀市
概要 中心市街地再生のモデルケースとかつて謳われた佐賀市の街の再開発は、多大な負債を抱えて事業主が倒産するという結末を迎えた。大きな挫折と、先の見えない未来。しかしそんな中、前を向いて歩み続けた者たちがいた。それから約20年、街は確かなにぎわいを取り戻しつつある。失敗から学び成長する街の、再生の物語を紐解こう。
行動力と気遣いを兼ね備え 鬼嫁〟パワーが街を変える

地域振興

創業・事業承継

コミュニティ

商店街名 湯梨浜町松崎地区の商店街/鳥取県東伯郡湯梨浜町
概要 鳥取県湯梨浜町の松崎地区は、宿場町をルーツにもち、かつては地域の中心地として栄えた。その後、旅館の廃業が相次ぎ、来街者は減少、商店街は実質的に機能しなくなった。にもかかわらず、ここ数年この街には、若者によるハイセンスな店が次々開業。その背景には、地域のたくましい女性たちの活躍があった。
衰退ムードを変えたのは〝場所の価値〟の再発見!

イベント

地域資源

地域振興

空店舗活用

商店街名 大豊商店街(大豊協同組合)/愛知県豊橋市
概要 大豊商店街では6月の週末に、「雨の日商店街」という空き店舗を活用したイベントを開催している。5回目を数える今年は延べ70店舗が出店。ここでの出店を機に本格開業する店が続出し、数年前まで寂しい風景が広がっていた商店街に活気が戻りつつある。成功の秘密は、地域の魅力を再確認し、それを新しいコンテンツに活かす取組みだ。
小さくてもゆるやかでもみんなで街の課題解決へ 雫石よしゃれ通り商店街(岩手県岩手郡雫石町)

地域振興

各種連携

コミュニティ

特集 櫻田さんが活躍する街に行ってみた ― 特別座談会続編①
概要 商店街、地域住民が力を合わせて、目の前にある課題を少しずつ片付けていく。その成功体験を日々積み重ねることが、大きな未来への課題解決に通じる。
次世代の商店街に求められること。

地域振興

個店活性

特集 「EGAO 2019 Spring」対談
概要 テクノロジーの進化や社会情勢の変化は商店街にも影響を与えずにはいられない。
日本経済の最前線に身を置いてきた近藤賢二さんと、全国商店街支援センターの桑島俊彦が商店街の未来について多角的に議論した。
個店と商店街のファンづくり!

地域振興

個店活性

商店街名 天草まちゼミの会(本渡中央商店街振興組合など・熊本県天草市)
概要 平成30年度実施の「まちゼミ研修事業」の事例を紹介。個店の知恵をお客様に伝えて商店街のファンを増やす取組みに初挑戦!
変化への第一歩を踏み出す!

トータルプラン

地域振興

コミュニティ

その他

事業名 トータルプラン作成支援事業
商店街名 大野商工振興会(長崎県佐世保市)
概要 平成30年度実施の「トータルプラン作成支援事業」の事例を紹介。今まで全く研修の場を持たなかった大野商工振興会は、初めてワークショップを行ったときに仲間と意見を交わす楽しさを知った。「まずは議論をすること。それが、未来につながる」をモットーに活性化の第一歩を踏み出した。
創業の“夢”、商店街がサポートします。若い人材が集まり、はばたく場の秘密。

地域振興

創業・事業承継

人材育成・組織力強化

商店街名 奈良もちいどのセンター街協同組合/奈良県奈良市
概要 明治から昭和には“県下随一の 商店街”と称された「もちいどのセンター街」。しかし、商環境の変化により通行量と来店者数が減少していたところに、大きな空き地が生まれかねない事態がー史上最大のピンチをチャンスに変え、新しい人材輩出の拠点となるまでを追った。
若手中心で起こす新ムーブメント 、商店街の核心は“ネットワーク”にあり!

イベント

地域振興

商店街名 宇治・小倉商店ネットワーク /京都府宇治市
概要 新しいアクションを起こして、街を変えていきたいーそんな志を持つ若手たちが自発的に商店街を形成。多彩なイベントや勉強会を通して、確実に街ににぎわいをもたらせている。
コワークからクラウドファンディングまで商店街発・まちづくり会社だからできること

地域振興

各種連携

商店街名 株式会社まちづくり立川/東京都立川市
概要 多摩地区の「住みたい街ランキング」で1位に選ばれた立川。この街に新しい旋風を巻き起こす、元気なまちづくり会社がある。大規模開発で変貌する街で、自らのアイデンティティを求めて立ち上がった“地の者”たちのストーリーを追う。
最上部へ