HOME > 活性化事例 > その他

活性化事例【その他】

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

変化への第一歩を踏み出す!

トータルプラン

地域振興

コミュニティ

その他

事業名 トータルプラン作成支援事業
商店街名 大野商工振興会(長崎県佐世保市)
概要 平成30年度実施の「トータルプラン作成支援事業」の事例を紹介。今まで全く研修の場を持たなかった大野商工振興会は、初めてワークショップを行ったときに仲間と意見を交わす楽しさを知った。「まずは議論をすること。それが、未来につながる」をモットーに活性化の第一歩を踏み出した。
承継する若手の改善をサポート!

繁盛店づくり

個店活性

その他

事業名 繁盛店づくり支援事業
商店街名 羽ノ浦商店街連盟・古庄商工連盟(徳島県阿南市)
概要 平成30年度実施の「繁盛店づくり支援事業(事業承継・創業後サポートコース)」の事例を紹介。自店の強み・個性を受け継ぎながら、時代の変化に合った新たな魅力づくりに挑戦する。
商店街2.0 先進事例NEWS

地域振興

その他

概要 先を見据えた取組み、発信中!新しいテクノロジーやサービスをいかに活用するか-それが、「商店街2.0」の試金石となる。
具体的にはどんな事例があるのか、最新事例をのぞいてみよう。
ビジョンができるまでを密着取材!

トータルプラン

各種連携

コミュニティ

その他

事業名 トータルプラン作成支援事業
商店街名 一色大滝商店会/神奈川県三浦郡葉山町
概要 商店街の目指すべき方向性をメンバー全員で議論し、結論をキャッチフレーズ化。キャッチフレーズは、迷った際に立ち戻れる“灯台”の役割を担う。また、議論の過程では、商店街の現状と理想像を明確にし、そのギャップを埋める方法を考えることで、課題もはっきりする。もちろん、メンバーの主体的かつ積極的な意見と、それを共有することが大切だ。
街の治安は商店街が守る。見回り、やってます!

安全・安心

コミュニティ

その他

商店街名 明大前商店街振興組合/東京都世田谷区 宗右衛門町商店街振興組合/大阪府大阪市
概要
外国人観光客をおもてなし!商店街が贈る「日本文化体験デー」

イベント

各種連携

情報発信

その他

商店街名 中町商店街振興組合/長野県松本市
概要 インバウンド(訪日外国人旅行)と商店街は無縁ではない。しかし、増える外国人観光客を前に、何から始めればいいのか頭を抱えている商店街は多い。外国語のツール作成はもちろん大切だが、中町商店街の取組みは、その根本にある「おもてなし」の心を教えてくれる。
厳しい自然も最大の武器に、柔軟な発想で魅力を再発見!

地域資源

地域振興

個店活性

その他

商店街名 西和賀町+協同組合湯本商店会/岩手県和賀郡
概要 年間累積降雪量が10mを超える西和賀町。その「雪」を生かしたプロジェクトが、今注目を集めている。地元食材でつくった商品を「雪」の物語としてPRする手法で、商品と町の知名度は一気に上がる。そんななか、商店街も豊かな地域資源を背景に活動を本格始動させた。
活性化の種が花開く商店街の共通点とは

地域振興

個店活性

人材育成・組織力強化

コミュニティ

その他

特集 広報「EGAO 2017 Autumn」インタビュー
概要 商店街の活性化を測る上で、何が指標になるのか。そして、取組みが成功する商店街の共通点とは何か。
日本経済研究所の大西達也さんに聞いた。
商店街の活性化の“その先”をめざして 唯一無二の魅力をつくる!

地域資源

地域振興

情報発信

個店活性

コミュニティ

その他

商店街名 花火通り商店街/秋田県大仙市
概要 活性化に向けた取組みは、持続的な発展が大切だ。そこで、かつて注目を集めた商店街の取組みが、現在、どう進化を遂げているのかを追跡取材した。
【組織づくり】
平成24年度 繫盛店づくり支援事業 他
繁盛店づくり支援事業、まちゼミ研修事業を経て店主たちのモチベーションが向上し、地域連携が進んだ
新たに立ち上げた組織 ⇒ ひなび大曲有限責任事業組合(LLP)
“長”をつくらずゆるやかに 自律分散型でめざす未来

地域資源

地域振興

空店舗活用

情報発信

個店活性

創業・事業承継

人材育成・組織力強化

コミュニティ

その他

商店街名 御田町商店街/長野県諏訪郡下諏訪町
概要 活性化に向けた取組みは、持続的な発展が大切だ。そこで、かつて注目を集めた商店街の取組みが、現在、どう進化を遂げているのかを追跡取材した。
【組織づくり】
平成23年度 商店街活性化モデル創出事業 他
「ものづくりの街」という特色をいかし、クラフトマンを中心とする新規開業者の誘致を行った街の担い手
2012 第一世代 ⇒ 2017 第三世代〜
最上部へ