HOME > 活性化事例 > 空店舗活用

活性化事例【空店舗活用】

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

協働・共生するまちづくりを始めたら、雇用も新規店も急成長!

地域振興

空店舗活用

コミュニティ

商店街名 帯広電信通り商店街振興組合(北海道帯広市)
概要 '11年3月、道内で初めて地域商店街活性化法の認定を受け、5年計画で「お年寄り 障がいのある方と協働・共生する商店街づくり」に取り組んできた帯広電信通り商店街。各地の社会福祉法人やNPO法人と協力して多くの雇用を創出し、現在さらなる発展・拡大をしている。
空き店舗が新しい価値を生む。人をつなげて街を変えていく

空店舗活用

個店活性

創業・事業承継

商店街名 ゆりの木通り商店街(静岡県浜松市)
概要 築50年を超えたビルが並ぶゆりの木通りは、近年クリエイティブスポットとして注目され、若き出店希望者が後を絶たない。人と人とがつながり、新たなアイデアや企画が生まれ、商店街はさらに魅力を増してゆく。その進化の様子に迫る。
リノベーションのその後新たな創造の場で人が躍動

空店舗活用

観光

商店街名 魚町商店街振興組合・魚町サンロード商店街協同組合/福岡県北九州市
概要 あらゆる取組みが花開く!進化を続ける街・北九州へ

福岡県北部に位置する政令指定都市、北九州市。市内各地の商店街は、それぞれの個性に合わせ活性化に取り組み、個店の魅力向上、人材育成、連携強化などを達成してきた。そこで、魚町、旦過、若松の3エリアをめぐり、それぞれの取組みの道のり、そして成果を探った。

平成25 年度 商店街の創業促進事業 他 活用
第4回 全国まちゼミサミット 開催レポート

イベント

地域振興

各種連携

空店舗活用

個店活性

人材育成・組織力強化

コミュニティ

特集 広報「EGAO 2017 Spring」レポート
概要 【日 時】 平成29年2月2日(木)13:00~17:30
【場 所】 岡崎市民会館
【主 催】 岡崎まちゼミの会、岡崎商工会議所、全国商店街支援商店街センター
住民自らが店を運営し街をつくる

トータルプラン

地域振興

空店舗活用

コミュニティ

事業名 トータルプラン(地活法認定)
商店街名 福山本通商店街振興組合/広島県福山市
概要 商店街の頭を悩ます「空き店舗問題」だが、福山本通商店街では、商店街が空き店舗を活用し繁盛店として生まれ変わらせた。手を緩めることなく、次々と放たれる二の矢三の矢——。行動する組織の、個店と商店街の活性化術を追った。
空き店舗(ビル)活用で創業促進商店街の新たな魅力づくりのポイント

地域資源

地域振興

空店舗活用

商店街名 美殿町商店街振興組合・柳ケ瀬商店街(岐阜県岐阜市)、米子駅前商店街(鳥取県米子市)
概要 「美殿町商店街振興組合(岐阜県岐阜市)」や「米子商店街(鳥取県米子市)」など、商店街にある中小規模の空きビルを改修し、そこに創業者を呼び込みながら、同時にまちの魅力づくりを行っているケースが増えている。ここで、各地の取り組みを紹介しながら、空き店舗(ビル)活用による活性化、商店街の魅力づくりのポイントを解説する。
空き店舗がオープン半年で10 万人が来店する集客拠点に

地域振興

空店舗活用

商店街名 若桜街道商店街振興組合(鳥取県鳥取市)
概要 鳥取城の城下町としての歴史を誇り、呉服店・洋品店を中心に栄えてきた若桜街道商店街。しかし時代の変化に伴い、空き店舗が増加の一途をたどっていった。打開策として商店街が起こした行動は、生活者のニーズに耳を傾けること。綿密なマーケティング調査を踏まえオープンした「食を通じた多世代の交流拠点」が住民を商店街に呼び戻す。
最上部へ