HOME > 活性化事例 > 空店舗活用

活性化事例【空店舗活用】

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

(空き店舗)と(出店希望者)をマッチング 商店街がフルサポートしお試し出店

空き店舗総合支援

空店舗活用

創業・事業承継

事業名 空き店舗総合支援パッケージ事業
商店街名 黄金地区商店連合会/福岡県北九州市
概要 北九州の元気な市場としてその名が挙がる「黄金市場」。しかし一方で、店主の高齢化と後継者不足で空き店舗が増え続けているという。その状況に「待った!」をかけたのが、新しく誕生した青年部だ。若手を中心に団結して突き進む、新規出店促進の取組みを徹底解剖する。
ビジョンをかたちに。マイクロスーパー誕生!

地域振興

各種連携

空店舗活用

商店街名 雲南市商工会(ちょうた町商店会)/島根県雲南市
概要 トータルプラン作成支援事業を経て、実際のアクションに結実した一例がちょうた町商店会。
ビジョンを明確にしたことでアイデアが具体化。
マイクロスーパー開設という成果が花開いた。
いま、全国に続々誕生!街の新たな集客拠点 ゲストハウス in 商店街

地域振興

空店舗活用

コミュニティ

概要 周遊の拠点という意味では、大切なのが宿泊施設。 最近、商店街の魅力発信源にもなっているゲストハウスが次々と生まれている。
レトロな長屋をかっこよく、新しく。

地域資源

地域振興

各種連携

空店舗活用

コミュニティ

商店街名 沼垂テラス商店街/新潟県新潟市
概要 新潟市中央区の沼垂は近年、感度の高い老若男女が集うスポットとしてにわかに注目を集めている。その拠点となっているのが、かつて市場として使用されていた長屋通りを改築した「沼垂テラス商店街」だ。プロジェクトの仕掛け人である田村さん、高岡さんに話を伺った。
“長”をつくらずゆるやかに 自律分散型でめざす未来

地域資源

地域振興

空店舗活用

情報発信

個店活性

創業・事業承継

人材育成・組織力強化

コミュニティ

その他

商店街名 御田町商店街/長野県諏訪郡下諏訪町
概要 活性化に向けた取組みは、持続的な発展が大切だ。そこで、かつて注目を集めた商店街の取組みが、現在、どう進化を遂げているのかを追跡取材した。
【組織づくり】
平成23年度 商店街活性化モデル創出事業 他
「ものづくりの街」という特色をいかし、クラフトマンを中心とする新規開業者の誘致を行った街の担い手
2012 第一世代 ⇒ 2017 第三世代〜
第4回 全国まちゼミサミット 開催レポート

イベント

地域振興

各種連携

空店舗活用

個店活性

人材育成・組織力強化

コミュニティ

特集 広報「EGAO 2017 Spring」レポート
概要 【日 時】 平成29年2月2日(木)13:00~17:30
【場 所】 岡崎市民会館
【主 催】 岡崎まちゼミの会、岡崎商工会議所、全国商店街支援商店街センター
個店をつくる -住民自らが店を運営し街をつくる

イベント

地域資源

地域振興

空店舗活用

コミュニティ

事業名 トータルプラン(地活法認定)
商店街名 福山本通商店街振興組合/広島県福山市
概要 商店街の頭を悩ます「空き店舗問題」だが、福山本通商店街では、商店街が空き店舗を活用し繁盛店として生まれ変わらせた。手を緩めることなく、次々と放たれる二の矢三の矢——。行動する組織の、個店と商店街の活性化術を追った。
最上部へ