HOME > 活性化事例 > 空店舗活用

活性化事例【空店舗活用】

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

空き店舗への本格出店がつなぐ“新しい商店街”への未来

空き店舗総合支援

空店舗活用

創業・事業承継

事業名 空き店舗総合支援パッケージ事業
商店街名 神明通り商店街振興組合/福島県会津若松市
概要 自分たちの手で新しい商店街をつくっていく。その熱き心意気を組合メンバーで共有し、空き店舗対策に乗り出した神明通り商店街。’21年11月、事業を活用し「お試し出店」から「本格出店」を実現させた。

<<この事業の魅力!>>
商店街が抱える空き店舗の課題解決のため専門家を派遣。空き店舗の活用法についての研修、貸店舗ツアー、お試し出店などの取組みで解決に導く。
商店街が主催する“ツアー”で空き店舗と出店希望者をマッチング

空き店舗総合支援

空店舗活用

創業・事業承継

事業名 空き店舗総合支援パッケージ事業
商店街名 門司中央市場商業協同組合/福岡県北九州市
概要 戦後から60年以上、地域に密着した生鮮市場として親しまれてきた北九州市の「門司中央市場」。時代の流れとともに入居店舗数が減少している危機的状況に、〝市場の歴史に幕を閉ざすまい〟と出店者を呼び込むための奮闘が始まった。

<<この事業の魅力!>>
市場所有の小規模物件を貸店舗化し、「貸店舗ツアー」と「お試し出店」を企画。独自のアイデアと相乗効果を生み出す工夫で出店、創業を支援。
店主が自主的につながり、アイデアがあふれ、新たな街の魅力が生まれる

繁盛店づくり

トータルプラン

商人塾

地域資源

地域振興

各種連携

空店舗活用

創業・事業承継

商店街名 鹿沼市内の商店街・鹿沼商工会議所/栃木県鹿沼市
概要 鹿沼市の商店街の店主たちは、研修会やまちゼミの実施を通して年々連帯感を高めてきた。そのつながりがもとになり、街の可能性が広がっている。商工会議所のサポートが頼もしい。
店主と学生の世代を超えた絆 コロナ禍で花開く地域への想い

各種連携

子育て・高齢者

空店舗活用

コミュニティ

商店街名 石橋商店会/大阪府池田市
概要 大阪府池田市の石橋商店会は、15年にもわたり近隣の大阪大学の学生と交流を続け、数多くのイベントを共催してきた。コロナ禍で大学の授業のオンライン化が進み、街を歩く学生の姿が激減する今も、商店街と学生は地域の声を聞きながら、次々に企画を実現している。学生の活躍とそれを見守る商店街のあたたかいストーリーを紹介する。
空き店舗での「お試し出店」が創業の夢と商店街の“懸け橋”に

トータルプラン

空き店舗総合支援

トライアル実行

空店舗活用

事業名 空き店舗総合支援パッケージ事業
商店街名 若松商店街連合会・北九州商工会議所/福岡県北九州市
概要 若戸大橋、若戸トンネルの無料化により新たなビジネスの地として注目を集める北九州市若松区。そこで、商店街と商工会議所がタッグを組み、「トータルプラン作成支援事業」と「トライアル実行支援事業」を活用し(空き店舗総合支援パッケージ事業)、空き店舗を活用した「お試し出店」にチャレンジ。「商店街から創業者を育成しよう」と動き始めた。
危機を乗り越えてさらに強く!街の未来をつくる組織活動

地域資源

空店舗活用

人材育成・組織力強化

商店街名 日町商店街振興組合・山形まちづくり株式会社/山形県山形市
概要 山形市の街なかににぎわいをもたらし続ける元気な七日町商店街。しかし、この商店街にも過去に大きな危機があった。それは内部分裂。当時地方紙は、商店街が消滅すると連日書き立てた。そんな窮地を救ったのは、それまでに商店街が築き上げてきた組織のカタチだ。危機を乗り越え長足で前進するその歩みを追う。
“よそ者”がともす再生の灯。ゼロから商店街の復活へ!

地域資源

空店舗活用

商店街名 釜石大観音仲見世通り/岩手県釜石市
概要 稼働店舗ゼロからの商店街再生へ向けた取組みが、釜石市の釜石大観音仲見世通りで行われている。キープレイヤーは“よそ者”。そのよそ者ならではの視点とひたむきな思いが街に新しい動きをもたらし、地域住民もその活動を応援する。小さな一歩が次の一歩につながり、仲間たちは確実に増えてきている。彼らの奮闘を追った。
衰退ムードを変えたのは〝場所の価値〟の再発見!

イベント

地域資源

地域振興

空店舗活用

商店街名 大豊商店街(大豊協同組合)/愛知県豊橋市
概要 大豊商店街では6月の週末に、「雨の日商店街」という空き店舗を活用したイベントを開催している。5回目を数える今年は延べ70店舗が出店。ここでの出店を機に本格開業する店が続出し、数年前まで寂しい風景が広がっていた商店街に活気が戻りつつある。成功の秘密は、地域の魅力を再確認し、それを新しいコンテンツに活かす取組みだ。
(空き店舗)と(出店希望者)をマッチング 商店街がフルサポートしお試し出店

空き店舗総合支援

トライアル実行

空店舗活用

創業・事業承継

事業名 空き店舗総合支援パッケージ事業
商店街名 黄金地区商店連合会/福岡県北九州市
概要 北九州の元気な市場としてその名が挙がる「黄金市場」。しかし一方で、店主の高齢化と後継者不足で空き店舗が増え続けているという。その状況に「待った!」をかけたのが、新しく誕生した青年部だ。若手を中心に団結して突き進む、新規出店促進の取組みを徹底解剖する。
ビジョンをかたちに。マイクロスーパー誕生!

トータルプラン

地域振興

各種連携

空店舗活用

事業名 トータルプラン作成支援事業
商店街名 雲南市商工会(ちょうた町商店会)/島根県雲南市
概要 トータルプラン作成支援事業を経て、実際のアクションに結実した一例がちょうた町商店会。
ビジョンを明確にしたことでアイデアが具体化。
マイクロスーパー開設という成果が花開いた。
最上部へ