HOME > 活性化事例 > 危機を乗り越えてさらに強く!街の未来をつくる組織活動

活性化事例

危機を乗り越えてさらに強く!街の未来をつくる組織活動

地域資源

空店舗活用

人材育成・組織力強化

商店街名 日町商店街振興組合・山形まちづくり株式会社/山形県山形市

山形市の街なかににぎわいをもたらし続ける元気な七日町商店街。しかし、この商店街にも過去に大きな危機があった。それは内部分裂。当時地方紙は、商店街が消滅すると連日書き立てた。そんな窮地を救ったのは、それまでに商店街が築き上げてきた組織のカタチだ。危機を乗り越え長足で前進するその歩みを追う。

(左)七日町のまちづくりを牽引する下田孝志さん。(右)山形まちづくり株式会社取締役の佐久間太樹さん。

組織力の秘密は専従性と自立精神
JR山形駅東口から徒歩15分の場所ながら県下最大のにぎわいをみせる商店街。歩行者数は平日で約1万2400 人、土日で約1万3000 人。風情のある建物を活用したリノベーション物件が急増中

東北で屈指のにぎわいをみせる七日町商店街。最寄り駅から徒歩で15分以上離れた立地ながら空き店舗はほとんどなく、個性的な店や場所が次々誕生。多様なイベントを開催し、大学や行政との連携も強い。その繁盛ぶりの秘密は、ひとえに〝組織の強さ〞にある。

中心市街地の活性化を牽引している同商店街振興組合は、’64年、その3年前に設立された青年会を母体に誕生。’70年代に入ると、「商売の片手間では思い描く未来を迎えられない。専従者を置くべき」という声が高まり、加盟店舗が資金を出し合い、まちづくりにかかわるプロフェッショナルを組合事務局スタッフとして雇用した。以来、事務局と若手主体の組合執行部が両輪となり、10年ごとにビジョンを再構築しながら、先を見据えた組織活動を行っている。たとえば、’90年代に郊外にできた大型店の勢力におされた時も、いち早く時流を読んだ商店街が中心となり、街なかににぎわいをもたらす事業を展開することで、街の課題を解決していった。

しかし、この強い組織も危機的状況に陥ったことがあった。それは’11年、自転車道拡張のための道路整備が持ち上がった時のこと。商店街の中で推進派と反対派が激しく対立し、組合運営のあり方が問われる大騒動へと発展、連日地方紙に報じられるまでになった。そしてその責任を取り、それまでまちづくりを担ってきた執行部や若手理事が一斉に退任してしまったのだ。

その時機能したのが事務局である。事務局は、事態の推移を見守った後、中心となるべき理事を説得し執行部として再編成させ、実質的にまちづくりを推進できる若手メンバーを理事に返り咲かせた。

事務局と執行部とが運営上分かれていて、かつ互いを尊重し合える関係だからこそ、非常時にも機能停止に陥らずに歩みを進めることができたのだ。もとは青年会から興った商店街は、ことが収まれば、「やる気のある若い人材こそ未来を切り拓く」という原点に立ち戻った。
このように逆境に強い組織ができた背景として、同商店街振興組合の5代目事務局長・下田孝志さんは、この土地の商人に脈々と受け継がれる〝自治の精神〞を挙げる。

「七日町は江戸時代の城下町。しかも、城主は25回も変わり、その都度ルールがブレました。この土地で商売を続けなければならない商人たちには、『お上が当てにならないなら自分たちの街は自分たちで守ろう』という精神が生まれ、その志が今も私たちの中にあるんです」

その精神は、平成の世に行われた街の再開発の上にも表れている。現在市民の憩いの場となっている「ほっとなる広場公園」の土地は、以前はある企業の私有地だった。街なかに広場をつくりたかった商店街は、更地になったその土地を企業から賃借し、にぎわいづくりのイベントを行うと同時に、周囲の老朽化した建物をもつ地主に再開発を呼びかけた。10年継続してこの活動を行った結果、山形市から「商店街がそこまでやるのなら市が買い取る」との申し出が。こうして再開発は、商店街が牽引するかたちで進んでいった。

商店街を想う人を迎え入れる場をつくる
まちづくり活動の本拠
「N-GATE NANOKAMACHI」

’15年、商店街はまちづくり会社を設立し、次のステージへとまた一歩進んだ。エリアを超えたスピーディーな活動と、その収益を街に投資することが可能になり、同社はリノベーションやサブリースをメインにした遊休資産を活かしたまちづくりに取り組んでいる。長年地元で培われた信頼ゆえに、不動産情報は入手しやすい。それを貸す対象は、街の今後を託せる人材だ。

「七日町はバリューの高い土地のため、空き店舗が出ると地域外の企業も参入してきます。しかしそれが行き過ぎるとこの街らしさがなくなってしまう。私たちは、良い物件を七日町への想いが強い人に届けられるよう動いていきたい」

その想いが商店街のメンバーで共有され、人気店のオーナーが、志高い人材を自ら呼び寄せるというケースも生まれている。さらに、東北芸術工科大学および山形大学とも連携し、場の可能性を追求。学生が新しい視点で古い建物の可能性を見出す度、保守的だったオーナーの意識に変化が生まれる。こうして七日町は、大きく前進していく。

「商店街は地域の思い出を共有できる場所。どこにでもある街の姿にならないよう、みんなで七日町らしさを出していく」
下田さんはそう力強く語った。

強い商店街組織が、街なかの魅力を育てています

郁文堂書店 TUZURU
地元大学生がクラウドファンディングで資金を集め、旧書店を改装。個性的な品揃えの書店兼サロンとして営業している
とんがりビル
「山形ビエンナーレ」拠点施設。雑居ビル1棟を丸々リノベーションしており、各階に魅力的なショップやオフィスが入居している
gura yamagata
旧藩医が所有していた土蔵と民間企業所有の石蔵を再生。レストラン、クラフトストア、貸しホールがある新名所
ピッツァとワインのお店「フラム」
築85年の建物がリノベーションで、飲食店として生まれ変わった。窯で焼く本格派のナポリピッツァや厳選されたワインが味わえる
ほっとなる広場公園
旧保険会社の跡地を10年間定期借地して整備したポケットパーク。名物イベントのクラフトナイト(市)などが開催されている
BOTA coffee
旧洋傘店を活用し、1階をカフェ、2階をシアターとして営業。七日町エリアの代表的なセルフリノベーション物件
セレクトショップ「oboco」
七日町の交流拠点施設「N-GATE」1階にあるセレクトショップ。安心・安全な子ども向けのクラフトや食品を販売している
ミサワクラス
旧「三沢旅館」を整備し、学生を含むクリエイターのためのシェアハウスとして活用している。展示会・イベントも随時開催

水の町屋 七日町御殿堰
地域の歴史的資源である「御殿堰」とふたつの蔵を活用した商業施設。カフェ、レストラン、蕎麦店、呉服店、喫茶店などが入居

★この記事は、商店街活性化の情報誌「EGAO」の2019 Autumn(秋号)に掲載されています。
「EGAO」をご覧になりたい方はこちらへ。

商店街活性化の情報誌「EGAO」

一覧はこちら
最上部へ