HOME > 活性化事例 > いま、全国に続々誕生!街の新たな集客拠点 ゲストハウス in 商店街

活性化事例

いま、全国に続々誕生!街の新たな集客拠点 ゲストハウス in 商店街

地域振興

空店舗活用

コミュニティ

周遊の拠点という意味では、大切なのが宿泊施設。 最近、商店街の魅力発信源にもなっているゲストハウスが次々と生まれている。

北海道・ゲストハウスwaya

札幌市の豊平商店街内で「すべての人が『ただいま』と言える居場所をつくる」をコンセプトに‘14年にオープン。
友だちの家のようなアットホームな空間や親しみやすいスタッフのおもてなしで、リピーターが続出中。
商店街とは夏祭りのボランティアや商店街フリーペーパーの発行などを通して緊密な関係を築いている。
「商店街の人たちは、宿泊するゲストさんも温かく迎えてくれるのがありがたい」とスタッフさん。

東京・ゲストハウス品川宿

日本を代表するゲストハウスは地域との関係性をなにより重視

’09 年にオープンし、ゲストハウスブームの先駆けとなったこちら。
宿場町品川の再生を目指し、外国人と商店街の人々が共存する社会をつくるべく、商店街とも協働してまちづくりに参画している。
キッチンを設けていないのは、「お客様には街に出て出会いを楽しんでほしい」という想いゆえ。
地域との関係性を重視した運営は全国のゲストハウスのモデルだ。P11で紹介したゲストハウス萬家の朴さんもこちらで修業。

京都・トルボット

巨大商店街で異彩を放つ新しいアートのサロン

京都市最大のアーケード・三条会商店街に位置する、写真をコンセプトにした個性的なゲストハウス。
来街者の多い街と、「旅先で撮った写真を、旅先で自分で焼き大切な人に送る」というテーマがハマり、‘17年にオープンしたばかりだが各所で話題となっている。
商店街の店舗合同イベントを企画するなど、新しい街の姿を担う場だ。
宿内にはアート作品や、現像用の暗室もあり、関連ワークショップも多数。

岡山・とりいくぐる

商店街との密接な関係で宿泊客を楽しませる

西奉還町商店街の端に位置する、鳥居が目印のゲストハウス。
「ここに来るには岡山駅から商店街を通る必要があるため、必ず商店街を見てもらえる」と商店街愛に溢れる同所は、イベントの手伝いなどを通して商店街との距離を縮め、いまでは商店街の人が道に迷う宿泊客を宿に案内したり、逆に宿からは地域のお店を案内するなどの好循環が自然発生。
中庭で小鳥が遊ぶような穏やかな空間も街になじんでいる。

★この記事は、商店街活性化の情報誌「EGAO」の2018 Spring(春号)に掲載されています。
「EGAO」をご覧になりたい方はこちらへ。

商店街活性化の情報誌「EGAO」

一覧はこちら
最上部へ