HOME > 活性化事例

活性化事例

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

急増する外国人観光客に対応。多言語ツールに注目!
商店街名 宇治商工会議所/京都府宇治市
概要
外国人観光客をおもてなし!商店街が贈る「日本文化体験デー」

イベント

各種連携

情報発信

その他

商店街名 中町商店街振興組合/長野県松本市
概要 インバウンド(訪日外国人旅行)と商店街は無縁ではない。しかし、増える外国人観光客を前に、何から始めればいいのか頭を抱えている商店街は多い。外国語のツール作成はもちろん大切だが、中町商店街の取組みは、その根本にある「おもてなし」の心を教えてくれる。
いま、全国に続々誕生!街の新たな集客拠点 ゲストハウス in 商店街

地域振興

空店舗活用

コミュニティ

概要 周遊の拠点という意味では、大切なのが宿泊施設。 最近、商店街の魅力発信源にもなっているゲストハウスが次々と生まれている。
集客拠点と商店街のシアワセな関係。街を元気にする進化型集客拠点

地域振興

各種連携

コミュニティ

商店街名 フラノマルシェ/北海道富良野市
概要 富良野市の複合商業施設「フラノマルシェ」。地産の食の物販やお土産品が並び、子どもの遊び場などもあるこの施設は、街の行く末に危機を覚えた地元の人々が思いをひとつにして誕生させた。地元ならではの視点で、街全体への波及効果は極めて高い。その取組みを取材した。
レトロな長屋をかっこよく、新しく。

地域資源

地域振興

各種連携

空店舗活用

コミュニティ

商店街名 沼垂テラス商店街/新潟県新潟市
概要 新潟市中央区の沼垂は近年、感度の高い老若男女が集うスポットとしてにわかに注目を集めている。その拠点となっているのが、かつて市場として使用されていた長屋通りを改築した「沼垂テラス商店街」だ。プロジェクトの仕掛け人である田村さん、高岡さんに話を伺った。
厳しい自然も最大の武器に、柔軟な発想で魅力を再発見!

地域資源

地域振興

個店活性

その他

商店街名 西和賀町+協同組合湯本商店会/岩手県和賀郡
概要 年間累積降雪量が10mを超える西和賀町。その「雪」を生かしたプロジェクトが、今注目を集めている。地元食材でつくった商品を「雪」の物語としてPRする手法で、商品と町の知名度は一気に上がる。そんななか、商店街も豊かな地域資源を背景に活動を本格始動させた。
地域資源がなければつくっちゃおう!商店街・地域が一丸に。絶品はちみつを開発

地域資源

地域振興

コミュニティ

商店街名 豊洲商友会/東京都江東区
概要
職人の卓越した技×商店街の自由な発想 手づくりで生んだカバンストリート

地域資源

地域振興

創業・事業承継

商店街名 カバンストリート(宵田商店街振興組合)/兵庫県豊岡市
概要 全国的なカバン産地にもかかわらず、観光資源にできない。そんな課題を抱えた宵田商店街は、商店街ならではの信頼と発想を武器に、「カバンを買える街」という付加価値を身に付けていった。地域資源はいかにして観光資源へと変わるのか。そこには地道な取組みがあった。
大きなビジョンと細やかなサポートを両輪に ジーンズストリートが拓く未来

イベント

地域資源

地域振興

各種連携

情報発信

個店活性

商店街名 児島ジーンズストリート協同組合/岡山県倉敷市
概要 地域活性化のモデルとして名高い児島ジーンズストリート。地場産業と商店街の発信力をより向上せしめたものは、強力なリーダーシップと壮大なビジョン、それを現実に落とし込む関係者たちの活動だった。ストリートがつくり上げられる、その取組みの核に迫った。
観光協会とのタッグでツアーを推進 商店街が復興のシンボルに

地域資源

地域振興

各種連携

災害復興

コミュニティ

商店街名 南三陸さんさん商店街/宮城県南三陸町
概要 ’11 年3月11日、 東日本大震災の大津波によって甚大な被害を受けた、宮城県南三陸町。苦難を乗り越え、壊滅状態だった複数の商店街から店主たちが集い、新しい商店街をスタートすると、観光客が急増した。そのきっかけのひとつが、被災した町を歩く「復興ツアー」だ。
最上部へ