HOME > 活性化事例

活性化事例

商店街活性化事例レポート

※カテゴリーアイコンをクリックすると、そのカテゴリーの記事が検索表示されます。

商店街フォーラム IN 関東 テーマ「想いが原動力~人がつくる商店街~」

イベント

地域振興

各種連携

情報発信

概要 日 時:平成30年11月22日(木) 13:30~17:30
場 所:三の丸ホテル 4階 シエロ・ラメール(茨城県水戸市三の丸2-1-1)
ビジョンをかたちに。マイクロスーパー誕生!

トータルプラン

地域振興

各種連携

空店舗活用

事業名 トータルプラン作成支援事業
商店街名 雲南市商工会(ちょうた町商店会)/島根県雲南市
概要 トータルプラン作成支援事業を経て、実際のアクションに結実した一例がちょうた町商店会。
ビジョンを明確にしたことでアイデアが具体化。
マイクロスーパー開設という成果が花開いた。
ビジョンができるまでを密着取材!

トータルプラン

各種連携

コミュニティ

その他

事業名 トータルプラン作成支援事業
商店街名 一色大滝商店会/神奈川県三浦郡葉山町
概要 商店街の目指すべき方向性をメンバー全員で議論し、結論をキャッチフレーズ化。キャッチフレーズは、迷った際に立ち戻れる“灯台”の役割を担う。また、議論の過程では、商店街の現状と理想像を明確にし、そのギャップを埋める方法を考えることで、課題もはっきりする。もちろん、メンバーの主体的かつ積極的な意見と、それを共有することが大切だ。
商店街がタッグを組んで健康× 活性化を推進!

地域資源

地域振興

各種連携

商店街名 野口英世青春通り協議会・神明通り商店街振興組合・ 会津若松市役所通り商店街振興組合/福島県会津若松市
概要 ’18年の夏からスタートした「会津若松市まちなか元気プロジェクト」。隣接する野口英世青春通り協議会、神明通り商店街振興組合、会津若松市役所通り商店街振興組合が密に連携し、健康をテーマにエリア全体の活性化を目指す。すでにいくつかの取組みがかたちになりつつあり、計画は着々と進行中だ。
「年を取ったらここで暮らしたい」と思えるライフインフラづくり

各種連携

子育て・高齢者

安全・安心

コミュニティ

商店街名 高松丸亀町商店街振興組合/香川県高松市
概要 日本有数の規模と歴史を誇る高松丸亀町商店街。大胆なエリアマネジメントを通して劇的な再生を遂げた同商店街が次に見据えるのは、「医療」。住みたくなる街を目指して、新施設の誕生や新しい連携の仕組みまで、しなやかな発想に導かれた挑戦が、いま始まろうとしている。
活動×運動×交流で高齢者も商店街も活性化

各種連携

子育て・高齢者

安全・安心

コミュニティ

商店街名 函館朝市協同組合連合会/北海道函館市
概要 北海道の陸の玄関口、豊富な海の幸が集う街・函館を代表する商店街が、函館朝市だ。観光スポットとしても有名な朝市では現在、地元の高齢者に向け「健康×お買い物×食事」を組み合わせた企画「おでかけリハビリ」が好評だ。新たな客層の開拓とともに朝市、参加者、医療関係者にも好影響をもたらしている。
街の治安は商店街が守る。見回り、やってます!

安全・安心

コミュニティ

その他

商店街名 明大前商店街振興組合/東京都世田谷区 宗右衛門町商店街振興組合/大阪府大阪市
概要
商店街×小学校×大学が連携し防災イベントを発信

子育て・高齢者

安全・安心

情報発信

コミュニティ

商店街名 モトスミ・オズ通り商店街振興組合/神奈川県川崎市
概要 東日本大震災をきっかけに、災害時に商店街が果たすべき役割の見直しを図ったモトスミ・オズ通り商店街。緊急時の対応力を強化するため「安心・安全プロジェクト」を推進し、近隣の小学校と大学を巻き込んだ画期的な防災訓練を実施。これまでになかったアイデアで、各方面から注目を集めている。
みんなが自転車を押して歩く安心の風景が生まれたのは、商店街発のユニークな取組みから

イベント

地域振興

安全・安心

情報発信

商店街名 三和本通商店街振興組合/兵庫県尼崎市
概要 路上駐輪や自転車のアーケード内走行などの問題を抱えている商店街は多い。兵庫県尼崎市の三和本通商店街でも、来街者の自転車マナーの向上は大きな課題だった。解決のため立ち上がったのは商店街の女性陣。柔軟な発想と行動力で「自転車マナー日本一」の商店街を目指して突き進む。
超高齢化社会への挑戦、出前商店街という“解”

子育て・高齢者

安全・安心

情報発信

コミュニティ

商店街名 にかほ出前商店街振興会(にかほ市商工会)/秋田県にかほ市
概要 店舗がなくなった地域の高齢者に、買い物とふれあいを楽しんでもらうことを目的に、秋田県のにかほ市商工会が「出前商店街」を始めたのは9年前。いまでは高齢者にとってなくてはならない存在となっている。厳しい高齢化社会を迎える地方の商店街はいかにあるべきか、そのヒントを探る。
最上部へ