facebook page

全国各地の商店街のニュースをお届けします! 商店街ニュース

なんば戎橋筋商店街で「体験博」 あきんどプロデュースの27プログラム【大阪府大阪市戎橋筋商店街振興組合】 イベント 地域資源

2017年09月22日 (金曜日) 17:00

印刷 メール

大阪・ミナミの戎橋筋商店街で10月、「体験博2017」が開催される。
戎橋筋商店街は大阪を代表する繁華街ミナミの中心、戎橋から南海なんば駅まで続く約350m100店舗のアーケード型商店街。

「体験博」は商店街の店舗や店主が主体となり、あきんどの技や情報が学べる体験交流型のイベントで、2010年に初開催。春・秋の年2回の開催で、今回は15回目の開催となる。プログラムの多くは10月13日(金)から18日(水)に開催される。(映画試写会(10/5)、道頓堀川スケッチ大会(11/4)等、一部期間外プログラムもあり)

今回は「食・学・美」にフォーカスし、あきんどプロデュースによる27の多彩なプログラムが用意されている。「人気店の技が直接学べる」と毎回大人気の「551蓬莱・秘伝の豚まん手包み」、ひとりではハードルが高い立ち飲み店を戎橋筋の自称“立ち飲みマイスター”の案内で巡るツアー「初めての立ち飲み、マイスターにお任せ!」など、食の奥深さを体感できるものから、爆笑似顔絵カリカチュア・ジャパンによる似顔絵講座、自然派化粧品キールズによる親子プログラム「キッズ店員になって、パパママを肌診断しよう」まで、興味をそそる充実のラインナップだ。

「三世代や友達とブラっとお出かけ、交流できる商店街」は同商店街のコンセプトでもあり、友達と、親子で三世代で、そしてお一人様でも楽しめるプログラム構成が特徴。歴史家が案内する道頓堀クルーズは、「きずな作りのお手伝いができれば」との願いから親子、三世代、夫婦の3コースが用意され、ソフトクリーム巻き巻き体験もできる「親子でウキウキ!なんばスイーツさんぽ」は小・中・高校生とその保護者が対象。その他、子育てママパパが利用できる「一時保育サービス」も用意されている。
「今回のテーマは“リアルな街で食べて学んでハピネス!”です。家族で、友達で、もちろんお一人様も、参加者みんながハッピーになって、商店街のファンが増えてくれれば嬉しいです。」(事務局談)

定員1000名。一部有料のプログラムもあるが、多くは無料で参加できる。当日参加できるプログラム以外、事前申し込みが必要(9月20日締め切り済)で、応募者多数のプログラムは抽選となる。

商店街ニュースの一覧へ