facebook page

全国各地の商店街のニュースをお届けします! 商店街ニュース

自由研究のヒントがいっぱい!夏休みの「まちゼミキッズ」【栃木県鹿沼市鹿沼商工会議所他】 イベント 地域振興 子育て・高齢者支援 個店活性 コミュニティ

2017年08月09日 (水曜日) 16:00

印刷 メール

8日フェスティバルだけの特別講座「かーちゃん、とーちゃんの肩を揉もうwith手紙」。もみとほぐしのとんぼ店長が、子どもたちにマッサージの極意を教える

7月28日(金)より栃木県鹿沼市で、鹿沼商工会議所、鹿沼市商店会連合会、かぬままちゼミキッズ実行委員会の三者主催により、小学生を対象に「第3回かぬままちゼミキッズ」が開催されている。 8月8日(火)には、そのスペシャル企画として、「かぬままちゼミフェスティバル~夏休みの宿題終わらせちゃおうZ(ゼ~ット)」も開かれ、会場の一つ「まちなか交流プラザ」は親子連れで大いににぎわった。

鹿沼市では、商店主たちが講師になってプロの技や知識を教える「まちゼミ」を2014年1月から毎年2回実施している。通常開催のまちゼミは大人を対象として講座内容が組まれているが、地域の子どもたちにも自分のまちにどんな店があり、どんな店主がいるのかを知ってもらいたいと、まちゼミ実行委員会が提案、2015年より夏休み期間中にキッズ版も開催することとなった。一昨年50人、昨年70人の子どもたちが参加した「まちゼミキッズ」は、今年で3回目。今回は、市民活動を支援する団体「市民活動広場ふらっと」の参加もあり、講座数を昨年の12から21へと増やしている。
「自分の『まくら』を作ろう!」(すいーとほーむ いせも:ふとん店)、「『能』ってな~に?『高砂』を謡いましょ!」(神山園:茶舗)、「スポーツテスト点数あがるか実験」(もみとほぐしのとんぼ:整体院)、「考えよう!お金の大切さ」(鹿沼相互信用金庫仲町支店:信用金庫)、「手作り万華鏡で不思議な世界をのぞく」(かぬま市民活動広場ふらっと:市民団体)など、子どもたちの興味を大いに引きそうな講座が並ぶ。専門的な内容のものもあり、夏休みの自由研究のヒントにもつながると保護者からも喜びの声が上がっている。

8日(火)には、「まちゼミキッズが一気に体験できるお得で楽しい一日♪」と称して、特別企画の「まちゼミキッズフェスティバル」も開催され、5つの会場のうち、複数の講座が実施されたまちなか交流プラザには、約70人の親子連れが集まった。「講座に楽しく参加していただきながら、子どもさんと親御さんに、この地域にあるお店とその店主の人柄を知っていただきたい。今後気軽にお店に立ち寄っていただけるような雰囲気づくり、きっかけづくりができれば」と、鹿沼商工会議所の水越啓悟さん。「まちゼミキッズ」は今月12日(土)まで開催されている。

関連リンク

同商店街の取組み▶▶▶街の街路灯に「彫刻屋台」デザインのフラッグ
商店街ニュースの一覧へ