facebook page

全国各地の商店街のニュースをお届けします! 商店街ニュース

毎週水曜日の街なか花火【岩手県盛岡市盛岡駅前商店街振興組合】 イベント 地域振興

2017年07月14日 (金曜日) 14:00

印刷 メール

「もりおか駅前開運花火」のポスター

JR盛岡駅の目の前に位置する盛岡駅前商店街で、6月28日から8月30日までの毎週水曜日(8月2日、16日を除く)、「もりおか駅前開運花火」が開催されている。

今回の打ち上げは初めての試みで、今年の3月に経済産業省の「はばたく商店街30選」に選ばれたことを記念して、盛岡駅前商店街振興組合の主催で行われている。
19時45分から100発が打ち上げられ、約10分間盛岡市中心部の夜空が花火で彩られる。開催当日は、商店街にテーブルやベンチが用意されるため、お店で買ったものを商店街で食べながら花火鑑賞ができる。市では大規模な花火大会も開催されるが、駅から遠く訪れるのが難しい人もおり、街なかでの花火の評判は上々だ。

駅前という立地もあり元々にぎわいのある同商店街だが、人通りの多くは盛岡駅を利用する通勤通学客である。一方で、駅前には多くのホテルが立ち並び、客室の稼働率も90%近いことから、多くの観光客が盛岡駅前で過ごしていると考えられる。

こういった観光客や地域住民を商店街の顧客として取り込もうと、多い時は月に3、4つイベントを行ってきた。しかし、これらのイベントはなかなか継続せず、また、最近の取組みは飲食店に関するものが多く偏りがあった。そのため、もっと商店街全体で盛り上げようと団結し、組合員で資金を出し合い花火を開催するに至った。

「街なかの花火ということもあり、反対意見も出るかと思いましたが、今までのイベントの中で一番評判がいい。今回が初めての開催で試験的な部分もあり、イベントの認知度はまだまだですが、これから夏本番に向けて周知を強化していく予定です。」と同組合の石田和德理事長。すでに来年の開催も予定しており、盛岡の夏の風物詩となるよう期待を込めている。8月30日までの残りの2ヵ月間で運営の手順やお客さんのニーズなどをチェックし、次年度以降の継続開催に繋げていく考えだ。

商店街ニュースの一覧へ