facebook page

全国各地の商店街のニュースをお届けします! 商店街ニュース

「さがしてみよう!!商店街のステキなところ」冊子で、子どもたちを商店街に【大阪府東大阪市小売商業団体連合会】 情報発信

2017年07月13日 (木曜日) 10:00

印刷 メール

冊子「さがしてみよう!!商店街のステキなところ」の表紙

東大阪市小売商業団体連合会(大阪府東大阪市)では、地域の子どもたちに商店街の良いところを知ってもらおうと、市内の小学生向けの商店街紹介冊子「さがしてみよう!!商店街のステキなところ」を制作した。今後、商店街で開催される夏祭りなどのイベントでの配布や、小学校の課外学習、出張授業を行う際に活用を予定している。

東大阪市小売商業団体連合会は、「お買物は東大阪市内で」をキャッチフレーズに、市内の中小小売商業の振興及び活性化に繋げることを目的として、市内消費の啓発活動に取り組んできた。本冊子はこの啓発活動の一環として作成された。スーパーマーケットやコンビニなど買い物をする場所が多くある同地域で、本冊子をきっかけに、子どもたちに商店街を身近な買い物の場所としてより強く認識してもらうことで、商店街の利用を増やすことが狙いである。制作には、東大阪市経済部が協力し、同市の補助金が活用されている。

「さがしてみよう!!商店街のステキなところ」は、小学3~4年生を対象としている。子どもたちに分かりやすいように、イラストを多く使用し、吹き出しなどを使って商店街の長所をまとめた8ページの冊子だ。楽しいイベント情報も盛り込まれ、商店街に親しみを持って来てもらえるように工夫されている。校外学習で使用しやすいA4版が2,000冊、手に取りやすいA5版が 5,000冊用意された。

東大阪市では近年、近鉄奈良線河内小阪駅近くの小阪商店連合会が「キッズファースト商店街事業」をスタートさせ、空き店舗を活用して子育て世代を支援するワークショップを行なったり、若江岩田駅周辺の商業集積地が「若江岩田きらりプロジェクト」を立ち上げて子どもの職業体験イベントなどを開催したりと、“子どもの育成”をキーワードにした商店街活動が頻繁に行われている。今回の冊子が、これらの活動と呼応して、地域の未来を担う子どもたちを商店街に呼び込む大きな契機になればと、関係者は考えている。

関連リンク

関連した取組み▶▶▶世代を継ぎ 輪を広げ 商店街の魅力が地域に届くまで【東大阪市小阪商店連合会】
関連した取組み▶▶▶商店街の枠超え、多彩なプロジェクトで地域を活性化【東大阪市若江岩田商業集積地】
商店街ニュースの一覧へ