facebook page

全国各地の商店街のニュースをお届けします! 商店街ニュース

商店街主催の「川端夜祭」にきんしゃい【福岡県福岡市博多区上川端商店街振興組合、川端中央商店街振興組合】 イベント

2017年03月13日 (月曜日) 16:00

印刷 メール

「川端夜祭」のチラシ(上川端商店街振興組合のホームページより)

 「博多祇園山笠」の町として知られる川端町(福岡県福岡市博多区)の川端商店街(同区上川端町)で3月16日と17日の2日間、「川端夜祭」(主催:上川端商店街振興組合、川端中央商店街振興組合)が開かれる。急増する外国人観光客など国内外の来訪者に、博多の魅力のすべてを堪能してもらう初の企画で、メインステージ、博多伝統工芸ゾーン、フード&ドリンク、マルシェなどのコーナーを午後10時までオープンし、「博多・川端の夜の商店街に遊びにきんしゃい!」(主催団体)と呼び掛けている。

 同商店街は、文化・商業施設「博多リバレインモール」、演劇専用劇場「博多座」からショッピングモール「キャナルシティ博多」までをつなぐ約400メートルに約100軒の老舗と新しい店舗が並ぶ商店街。博多祇園山笠の期間中は、唯一の走る飾り山笠が展示される。
 
 同商店街を含め、夜の博多で楽しめるものはこれまで屋台など飲食店に限られ、福岡の文化を丸ごと楽しめる“ナイトライフ”の必要性が指摘されていた。このため「『夜の魅力創出』を目的に、飲食、ショッピング、各種サービスが一体となった新しいイベントとして川端夜祭を企画した」(夜祭を後援する福岡市役所の豊福泰史地域産業支援課長)という。

 夜祭のメインステージでは音楽ライブやパフォーマンスなどを披露し、伝統工芸ゾーンでは博多織(手織り帯と博多織小物)を展示販売実演し、福岡市内で開かれる公益社団法人日本天文学会の「2017年春季年会(3月15日から18日まで)に合わせて、“天文学”をテーマにして作った「カプセル博多人形」(直径7.5センチのプラスチック容器に入ったミニ人形)を限定販売(500円)する。ほかに、川端ぜんざいなど地元名産品の販売(フード&ドリンク)、天文学会主催の一般向けトークショー「サイエンスバー」の開催(16日午後7時30分から商店街の通りで)など、期間中多彩なイベントが提供される。

 豊福課長は「商店街を中心に、周辺施設とも連携してさまざまな店を開くので、ぜひとも博多の夜の商店街に来ていただきたい」と話している。

(C)時事通信社

商店街ニュースの一覧へ