facebook page

全国各地の商店街のニュースをお届けします! 商店街ニュース

商店街で造形作品展「逃げた動物園」【香川県坂出市元町名店街など】 イベント

2017年01月10日 (火曜日) 17:00

印刷 メール

愛くるしいキリンの親子を擬人化した造形作品(香川県坂出市の元町名店街)(市産業課にぎわい室の宮武智仁さん提供)

 香川県坂出市内の動物園から逃げ出した動物たちが地元の商店街に出現——。こんな想定で、パロディ彫刻で知られる岡山富男さん(同市在住)の造形作品(動物)が市中心部の元町名店街などに展示され、街行く人を楽しませている。

 この造形作品展は「逃げた動物園」と名付けられ、市が企画・主催した。「瀬戸内国際芸術祭2016・春会期」に合わせて、昨年の3月から5月にかけて市民美術館(市寿町)で「ふしぎな動物園」の続編企画だ。「ふしぎな動物園」では、岡山さんの擬人化した動物作品が美術館前広場などに飾られ、多くの観衆が詰め掛けた。その後、岡山さんが個人的に街中に自作を置いていたが、アートによるにぎわい創出に力を入れている市が、「岡山さんの作品をまとめて披露する機会をもう一度作ろう」(市産業課にぎわい室)と、「逃げた動物園」を事業として立ち上げた。

 「逃げた動物園」は、元町名店街とコンクリート地盤土地の「坂出人工土地」(市京町)に開園。人間のようなしぐさをした親子のキリンや空中ブランコをする子ブタ、リアルなシマウマに加えて、今回新たにラクダも登場。それらのユーモラスな動物たちが商店街の店頭など7カ所に設置され、街に彩りを添えている。

 にぎわい室の宮武智仁さんは、「岡山さんは、木材片を硬化させる特殊な技法を考案し、野外展示が可能な立体造形に取り組んでいる。擬人化したユーモラスな動物たちは圧巻なので、ぜひ見に来ていただきたい」と語っている。造形作品展「逃げた動物園」は1月29日まで。

(C)時事通信社

商店街ニュースの一覧へ