facebook page

全国各地の商店街のニュースをお届けします! 商店街ニュース

「第1回四国地にぎりサミット」開催 【愛媛県宇和島商店街(きさいやロード)】 イベント

2014年11月20日 (木曜日) 11:00

印刷 メール

第1回四国地にぎりサミットの様子「11月15日、愛媛県宇和島市の中心商店街、宇和島商店街(きさいやロード)」

 地元の食材を使ったご当地おにぎりの祭典「第1回四国地にぎりサミット」が11月15日、愛媛県宇和島市の中心商店街、宇和島商店街(きさいやロード)で開催された。宇和島商工会議所創立100周年記念事業の一環で、同会議所青年部が中心になり、宇和島商店街連盟などの協力を得て初めて実施した。

 地にぎりは地元愛媛をはじめ、高知、長野、沖縄各県の27団体が、43種類、計約5000個を出品。「塩とレモンのひめむすび」や「からすみむすび」「信州安曇野おにぎり」、沖縄の「ユイボール」など、各地の特産品を使ったオリジナルおにぎりが、商店街の中央に並べられた特別ブースで有料で販売された。出品団体は直接依頼したりネットで公募するなどし、値段は各団体が独自に設定した。通りに設けられた数カ所の休憩所では購入したおにぎりをほおばる親子連れらの姿が見受けられたほか、一人でいくつも購入する人が多く、各種類100個以上用意されていたが、開始1時間後には売り切れが出るなど好評だった。

 また愛媛の5人組アイドルグループ「ひめキュン フルーツ缶」のメンバーが考案した「鯛めしにぎり」や「じゃこ天にぎり」など5種類の地にぎりがセットになった「ひめキュン地にぎりセット」(1500円)100セットが特別に出品され、注目を集めていた。

 同会議所青年部地域活性化委員会の藤掛路幸委員長は「地域の食材や特産品、食文化などを、おにぎりを通して発信し、町自慢、町おこしにつなげていきたい。2回目以降も継続してできれば」と話している。

(C)時事通信社

商店街ニュースの一覧へ