全国各地の商店街のニュースをお届けします! 商店街ニュース

買い物難民対策で自転車実証実験【静岡県袋井市】 子育て・高齢者支援

2013年10月31日 (木曜日) 12:28

印刷 メール

袋井市は、生活用品購入に困っている「買い物難民」の高齢者が、自転車を活用することで利便性向上が図れるかどうかを調べるため、電動アシスト自転車による実証実験「らくらく買い物プログラム」を行う。
市は、自転車を生かしたまちづくり「サイクルタウン研究事業」に取り組んでおり、実証実験は同事業の一環。スーパーマーケットの撤退や地元商店街の衰退に加え、公共交通機関も乏しいJR袋井駅南口の高南地区の高齢者を対象に、11月から来年3月まで5カ月間実施する。
65歳前後の男女10人をモニターとして募集し、乗り方講習会を実施した後、電動アシスト自転車を貸し出し、買い物や通院など日常生活に利用してもらう。
モニターは全地球測位システム(GPS)端末を携行するとともに、利用状況を日誌に記録する。市は月1回程度、利用状況の報告を受けてデータを分析し、利便性向上など効果を検証する。

(C)時事通信社

商店街ニュースの一覧へ