facebook page

全国各地の商店街活性化の事例から、「商店街活性化のヒント」になるノウハウをご紹介します! 商店街支援ノウハウ

商連かながわと商店街のコラボレーションで魅力再発見、「商店街観光ツアー」

神奈川県内の商店街を活性化するために、かながわ商店街観光ツアー委員会(事務局:公益社団法人商連かながわ)が実施する商店街観光ツアー。商店街の新しい魅力を発見するために近隣の観光地や季節のイベントと連携するなど、商店街ごとの特性に合わせ、企画から広報、運営まで商連かながわが主体となってツアーを行うので、商店街も事業に参加しやすい。複数の商店街を巡るツアーもある。自治体や関連団体などの支援・協力も得られる。少し違った視点からのアプローチや方法を見つけられる。商店街と個店の人的、経済的な負担の軽減につなげることもできる。


ツアーガイドの話を聞きながら街を歩く参加者

商店街の特性を活かした多彩な企画

商店街を身近な観光スポットとして訪れる「かながわ商店街観光ツアー」の第一弾は、524日に平塚駅前の3商店街で行われた「七夕飾りに夢をのせる湘南ひらつか商店街ツアー」。紅谷パールロード商店街で駅前骨董市を見学、湘南スターモール商店街散策と、七夕飾りづくり体験、大門会を散策し、平塚八幡宮で話を聞くという行程で行われた。 このほか、712日には「夏休み!宇宙を感じる相模原JAXAと商店街ツアー宇宙航空研究開発機構と西門商店街・ふちのべ商店街を巡る」、同19日には「横須賀グルメと文化を味わいつくす旅ガイドつき どぶ板通り商店街巡り&うわまち浪漫灯ろう祭り」、同21日には「日本初の商店街ワイナリ—を視察!ヨコスカおっぱま商店街ツアー〜」など、商店街の特性を活かした、参加意欲をそそる多彩な企画が次々と展開されている。

開港のヒストリーを知る「ヨコハマ元町商店街ツアー」

620日に実施された「ヨコハマ元町商店街ツアー」は、商店街の歴史の説明から始まり、実際に商店街を歩きながら街の特色を見て回る。何気なく歩いていた商店街に、さまざまな配慮や特長があることがわかった。お店のオーナーとの話では商品へのこだわりや変遷など買い物をしただけでは知り得ない貴重な話を聞く。どの店の話もオーナーならではの視点で面白く分かりやすい。近澤レース店の近澤弘明社長は「店のオーナーとお客様が直接お話しすることで商品やお店そして元町商店街への理解を深めてくれます。今回は商連かながわさん主体なので商店街の負担も少なくて大変ありがたい」と笑顔で語る。ツアーを終えた参加者も商店街の新しい魅力に触れることができて、とても満足な様子だった。



 近澤レース店 近澤弘明社長                    Mのマークが際立つ元町ショッピングストリート

商店街支援ノウハウの一覧へ