facebook page

全国の魅力的な商店街をつくるための取り組み事例をご紹介します! 商店街活性化事例レポート

街の治安は商店街が守る。見回り、やってます! 安心・安全 コミュニティ その他

商店街名 明大前商店街振興組合/東京都世田谷区     宗右衛門町商店街振興組合/大阪府大阪市

【TOKYO】日々のパトロールで 安心できる商店街に

犯罪率は低下し、乗降客数と地価が上昇!

明大前商店街の平和を維持するのは、鮮やかなユニフォームを着用した防犯パトロール隊「明大前ピースメーカーズ」。’01年に発足後、日本初の民間交番を拠点に、地道なパトロールで地域の犯罪率を劇的に低下させた。全国の商店街が見回り活動で参考にするピースメーカーズの取組みについて話を伺った(話し手=明大前商店街振興組合理事長・本杉香さん)。

明大前商店街振興組合
理事長 本杉香さん

かつて明大前は、犯罪が多発する街でした。そこで街の安全のために何かできないかと検討し、「明大前ピースメーカーズ」を発足しました。活動するのは、子どもたちの登下校時と夜間で、月曜から土曜までの週6日。現在は56人のメンバーがローテーションを組み、パトロールを欠かしていません。ピースメーカーズの始動後、最初の一年でエリアの犯罪率が約60%低下し、’00年に527件だった犯罪件数は’14年には12件にまで減少。一方、地価は約16・5%上昇。乗降客数は’01年に6万人だったのが、’17年には11万人に増加しました。

活動を通して、「戸締りを意識するようになった」「女性が安心して暮らせる街になった」という声もいただき、朝の登校の見守りをしているメンバーは、卒業する高校生の女の子から感謝の手紙をもらって「宝物です」と語っていました(笑)。
大事なのは、無理せず長く続けること。
今後もメンバーと協力して、地域の安全維持に貢献していきたいと思います。

 

【OSAKA】大阪は、人情の街 見回りも、人情に訴える

わずか3人からスタートしいまや一大浄化運動

大阪の歓楽街・ミナミの中心地にある宗右衛門町商店街。強引な客引きが増え、街の治安に不安の声が上がり始めた20年前、商店街の有志3人が立ち上がった。それがいまや行政と警察を巻き込むミナミ全体の取組みに。街の安全を築いた中心人物が抱く想いとは(話し手=宗右衛門町商店街振興組合防犯委員長/ミナミ活性化協議会発起人・福長德治さん)。

宗右衛門町商店街振興組合防犯委員長/ミナミ活性化協議会発起人
福長德治さん

「宗右衛門町は怖い」という声が聞こえた時、「これはいかん」と。私を含め3人で見回りを始めて、徐々に仲間が増えていきました。警察や府議会に掛け合い、「迷惑防止条例の改正」や「府風俗案内条例」の制定などを実現し、’05年には「ミナミ歓楽街環境浄化推進協議会」も立ち上げました。これにより、行政や警察から正式に協力を得られ、ミナミ全域に活動は広がりました。

もっとも大事なのは「日本一安心安全の大阪ミナミになりたい」という強い想い。見回りは決まった日にするわけでなく、もちろん参加も自由。それでも毎回多くの人が集まります。参加後に、「やっぱりこの街が好きやわ」「この街の雰囲気を守りたい」なんて言葉が出てくるのは、真剣に街のことを見て・話して・知ったから。少し頼りない感じの大学生が、見回りの後にすごく立派な顔つきになっていることもあるんです。
自発的に動き、気持ちに訴える見回りが、人も街も変えていくんだと思います。

    

 



 
★この記事は、商店街活性化の情報誌「EGAO」の2018 Autumn(秋号)に掲載されています。
「EGAO」をご覧になりたい方はこちらへ。
▼▼▼
商店街活性化の情報誌「EGAO」

商店街活性化事例レポートの一覧へ