支援事業最新レポート
facebook page

全国の魅力的な商店街をつくるための取り組み事例をご紹介します! 商店街活性化事例レポート

支援事業最新レポート ー商人塾支援事業(1) リーダーシップよりもチーム力を高める 情報発信 個店活性 その他

全国商店街支援センターの支援事業を活用し着実に成果を上げている商店街をご紹介。生きた事例をご参照あれ!

商店街名 千代尼通り商店街協議会/石川県白山市

積極的に商人塾に参加する街の店主たち

北陸本線松任駅から徒歩圏内にある千代尼通り商店街では、
大型ショッピングモールの郊外出店に伴う空洞化が問題となっている。

そんな現状を打破するため、自主的に勉強会を開催。

商人塾支援事業にも取り組み、若手を中心とした組織で商店街の活性化をめざしている。

生きた知恵を聞き 意識を高め次のステップへ

’16年11 月から’17年2月にかけて商人塾を開催した千代尼通り商店街協議会。

「環境変化を恐れずに挑戦することで、白山市千代尼通り商店街協議会を持続的に変革、進化させるリーダー塾」をメインテーマに全8回の セミナーを行い、実践的なノウハウや心構えなどを学んだ。

「開催に踏み切ったのは、商店街のみんなの意識を高めたいというのが一番の理由です。抜きんでたリーダーの育成よりは、誰がリーダーになっても商店街のメンバー全員でサポートできる体制が理想的ですね」

そう話すのは、千代尼通り商店街協議会会長の乙村貴正さん。同商店街と密に連携を取る白山商工会議所の杉野健さんも「10 年、20 年先を見据えて若手を育成できれば」と想いを語る。

取材日には、秋田県大仙市・花火通り商店街副会長の辻卓也さんが講師として登壇。
この招請も、同商店街に乙村さんが視察に出向き、組織力を強めながら個店の魅力向上をめざすスタンスに共感、交流を持った縁から実現した。



第4回目の講師を務めた辻さん(左端)。熱のこもった話で出席者を惹きつけた

 当日、辻さんはパブリシティを積極的に活用して商店街を活性化していった経験を話し、各SNSの違いや効果的な使い方を詳細に説明。塾生は熱心に耳を傾け、メモを取っていた。

「発信力は不足している部分があるので、大変勉強になりました」と乙村さん。
「メンバーが顔を合わせて、率直な意見交換を行う場を大切にしていきたい」と、商人塾での学びを根づかせていくために、「商人塾アフター」の実施もすでに決定。

 店主の意識は高まる一方。次のステップとして繁盛店づくり支援事業を視野に入れている。




協議会は手作りのチラシを各店に配布し、やる気のある若い世代を中心に商人塾への参加を呼びかけた。
研修(全8回)の中には、コーチングの手法で行われたものもあり、ユニークな内容になっている。

※詳細はこちらへ。
商人塾チラシ








     (左)コーディネーターの塩山徳宏さん


商人塾で学んでいます!

積極的に商人塾に参加する街の店主たち。 たくさんの気づきを得ています

「商人塾で新しい風が吹いてきています」と塾生代表の島崎由加里さん。

村松如矢商店
(花のむらまつ)
村松哲矢さん
「職場の雰囲気が売上に直結する」という言葉が印象的でした。明るいお店をめざします

田中屋(和菓子店)
田中伸治さん
「One for All,All for One」の精神と、困難な時でも前を向くプラス思考の大切さを学べました


商人塾での学びを深化「商人塾アフター」

今回初めて商人塾を開催した石川県白山市の千代尼通り商店街。

参加者の意識は高く、遠方からも第一線の講師を招き、さまざまな視点から商店街活性化のヒントを得た。

そこでの気づきが一過性のものにならぬよう、同商店街協議会では自主的に「商人塾アフター」と銘打った勉強会を企画。
商人塾で学んだことを実際に活かすための手法や、学びのさらなる上積みが目的だ。

商人塾アフターでは、同商店街にあり、全国有数の販売実績を誇るランドセルショップ「ふくふくらんど」の福住代表などによる講義のほか、他商店街への視察研修も行われる予定で、開催は’17年11月下旬から翌年2月中旬の間に5~6回を見込んでいる。

実は、同商店街では、以前より自主的に勉強会を行っていた。
だからこそ、商人塾もスムーズに行われ、“アフター”の開催も自然な流れだったという。

個々の店主たちの意識の高さと、組織のバックアップによって、千代尼通り商店街協議会は学びをより深化させている。

 
★この商店街は、商店街支援センターの「商人塾支援事業」を活用しています。
事業にご興味のある方は、こちらへ。

▼▼▼
商人塾支援事業


商店街活性化事例レポートの一覧へ