真っ赤なりんごで想いを届ける、“アップルバレンタイン”

2月も後半。先週は2月のビッグイベントの一つ、バレンタインデーがありましたね。男性のみなさんはチョコをもらえましたか?日本のバレンタインといえば女性から男性にチョコを贈る日とされていますが、海外では、男性から女性に花束やメッセージカードを贈る国が多いのだとか。バレンタインの過ごし方は国によって様々ですね。

そんなバレンタインイベントと地域活性を上手く組み合わせた取組みが、青森市中心商店街女性部(JR青森駅前の7つの商店街で構成)によって行われています。

その名も、“アップルバレンタインデー”

なぜ、バレンタインにりんごなのか・・・
「バレンタインの真っ赤なハートから、真っ赤なりんごを連想しました」(女性部の伊香佳子さん)とのことですが、用意されたりんごの赤色がなんとも鮮やか!!浪岡町のりんご農家さんが丹精込めて育てた完全完熟の逸品です。イベントは13、14日の2日間で実施され、女性部に加盟している約50店舗が対象となりました。この取組みは、りんごの産地である浪岡町と青森市が合併した2005年から開始され、今年で13年目。合計1500個のりんごが、対象店舗で男女問わず商品をお買い上げの方にプレゼントされました。りんごに慣れ親しんでいる地元の方でさえ、衝撃の美味しさを伝えに再びお店を訪れるほどだそうです。最近目立ち始めた外国人観光客にも大変喜ばれています。

同商店街が位置する青森市は、この時期深い雪に覆われ外を歩く人の姿はまばら。街に活気をもたらそうと始めたアップルバレンタイン、馴染みのりんごに興味を抱いてもらえるか半信半疑だったそうですが、いざ始めてみると、真っ白な雪景色の中にりんごの赤色が鮮やかに引き立ち、街の雰囲気が明るく変わりました。さらに、甘い物が苦手な人や、健康に気を遣っている人にはチョコよりも喜ばれ、一石二鳥の効果も!商店街の活性化を目的に企画されたアップルバレンタインですが、商店街だけにとどまらず、地域農業の一助となっています。りんごの生産は常に自然の影響を受けるため、例えば台風が襲来すると、実が落下し傷ついて商品として販売できません。その中でも、美味しく食べられるりんごをイベント用に購入することで、農家さんの支援となり被害の拡大を防げます。「りんご1個で医者いらず。という言葉もあるくらい、りんごは体にいいんです。真っ赤なりんごに私たちの気持ち(ハート)を託し、街のみなさんの健康と商店街の発展をこれからも願って行こうと思います。」と、伊香さん。

心を込めてラッピングを施したりんごで、今年も商店街を訪れるお客さんを温かく迎えていました。

商店街に生きる人たちの悲喜こもごもの物語~新大工町商店街で商店街劇場開演

人と人のふれあいが日常の商店街には、様々なドラマがありますよね。

長崎県長崎市の新大工町商店街で12月、
そんな商店街の人達の悲喜こもごもの物語が劇に仕立られ
商店街の空き店舗を利用した特設劇場で上演されました。

企画したのは地元長崎を拠点に活動する劇団F’s Company(フーズカンパニー)。
長崎市交流の産業化応援補助金を活用し、
同劇団の福田修志代表が脚本、演出を担当しました。

再開発のさなか活性化への道を模索中の新大工町商店街で、
飲食店や寝具店、美容院など7店舗への聞き取り取材を経て制作された
約10分のショートストーリー7作品が、1公演3作品500円で上演されました。



2015年に香川県高松市で産声を上げた商店街劇場。
(過去の商店街ニュースでも取りあげております
「商店街に生きる人々」描いた作品を上演【香川県高松市田町、常磐町、南新町商店街】

3年目にして、念願の地元長崎での開催が実現しました。

新大工町商店街を舞台に選んだのは、
まちゼミを積極的に開催するなど、地域と商店街のために一生懸命活動する様子が
自分達の応援したい気持ちと共鳴して最大限の効果が望めると思ったから。

そう福田さんは語ります。

当日は、全ての公演がほぼ満席という大盛況。
新丸亀寝具店の「お客さんが必要とすることを叶える『布団ソムリエ』」、
ヘアサロンD-bornの「『人と人の濃さ』の深みを感じる、松尾さんの生き方」
など、涙あり笑ありの実話にもとづいた創作作品に会場全体が引き込まれました。



モデルとなった商店では、半券を持参すると割引などのサービスが受けられる企画も。

自身もモデルとなったヘアサロンD-bornの松尾康正さんは

「実在の店主がモデルということで、観た人にお店に親しみを持ってもらえたと思う。
新規のお客様も増えています。」

と喜び、同様の取組みが全国に広まることを願っています。

目下松尾さんは2月26日開催の「ながさきまちゼミフォーラム」の準備に奔走中。
10月には「長崎県下同時一斉開催まちゼミ」の開催も予定され、
新大工町商店街は、さらなる活性化を目指し、ますます精力的に活動中です。※

※まちゼミに関するお問い合わせ等は
長崎商工会議所(095-822-0111 担当:植村さん)まで。

今月の商店街募集のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年の干支は戌(イヌ)。
犬は人との付き合いの歴史も古く、勤勉な性格であることから、

今年は、
※人とのコミュニケーション、付き合いを深めることができる
※勉学に励むことができ、学びにツキがある

年なのだそうです。

これからの商店街について、仲間同士で大いに語り合い、
学びをスタートさせるぴったりの年ですね。

さて、さっそく以下の支援センター事業にて商店街の募集を開始しています。
関係者の皆さま、ぜひお問い合わせ、ご参加お待ちしております!!

1.繁盛店づくり支援事業(第10回募集)
商店街の店主の意識と行動の改革を促し、
魅力ある繁盛店を育成するための研修事業です。
(1日体験コース・ジャンプアップコースのみ募集)
◇募集期間:1月4日(木)~ 1月18日(木)
◇募集対象:商店街等
◇料金  :無料

2.トータルプラン作成支援事業(第10回募集)
地域商店街の課題解決に向けたトータルプラン
(ビジョンやプランづくり)の作成を一貫サポートします。
また、地域商店街活性化法の認定に係る商店街に対しては、
認定申請や認定事業における申請変更等のサポートを行います。
◇募集期間:1月4日(木)~ 1月18日(木)
◇募集対象:商店街等
◇料金  :無料

3.トライアル実行支援事業(第10回募集)
商店街を主体にした活性化のための継続的な活動に
むけたユニークな取組(トライアル)に対する
実施計画、実行、検証を支援します。
◇募集期間:1月4日(木)~ 1月18日(木)
◇募集対象:
◇料金  :無料

4.商店街よろず相談アドバイザー派遣事業(随時募集)
商店街の支援要請に応じた専門家の派遣事業です。
専門家が、商店街の課題解決やイベント事業等に係る
アドバイスを行います。
◇募集期間:2月10日(土)まで随時
◇募集対象:商店街等
◇料金 :無料

「わけありの品」が主役。昭和レトロな商店街で開かれた「わけありもの市」

12月に入り今年も残り1ヶ月となりましたね。冷えが厳しくなり、冬の澄んだ空気が街の灯りを綺麗に映し出しています。12月は行事が多く忙しい時期ですが、新年を迎えるためにかかせないのが、大掃除。意外な場所から探し物がでてきたり、昔着ていた服が今の流行にぴったりだったり、押し入れに眠っていた物が実は高価な物だった…なんてことも?!

そんな普段日の目を見なかったものを主役にした「わけありもの市」が、JR青梅駅前(青梅本町商店会、住江町商店街振興組合)の商店街にて開催されました。こちらの商店街には、江戸時代から続く傘専門店や明治時代創業の文具店など老舗の店が存在し、街中には昭和30年代の映画作品が描かれた看板があるなど、昭和の趣ある街並みが楽しめます。しかし、店主の高齢化に伴い閉店する店が相次ぎ、人通りは減少。さらに、買い物といえばショッピングモールやスーパーが当たり前となり、対面販売の店への入りにくさから客足は遠のいていました。
そんな状況を止めるべく、もっと商店街に人を呼び込もうと、商店街の若手店主で構成された「青梅駅前ネットワーク」が2015年に発足。同メンバーの簗瀬まり子さんは、「老舗の店が多い商店街だからこそ、掘り出し物の商品があるのではないか。それが月1の割合で店に並んだら面白いのではないかと思い、今回のわけありもの市をやろうと思いました。」と話してくれました。

「わけありもの市」では、店の奥に足を進めてもらうきっかけとして、各店の個性を出した「わけあり」の目玉商品が店頭に陳列。わけありの品々の中には、特価品ばかりでなく老舗店ならではの希少な高価品もお目見え!!

今回で5度目の開催となった「わけありもの市」は、出店数も増え、軒先出店16店、出張商店5店の参加となりました。参加店は「わけありもの市」と書かれた木の表札を掲げ、クラフト作家による手作り品、高級フレグランスの1000円均一商品、限定で仕入れた花の苗、同商店街ならではのレトロなスケッチ箱など各店の特色を活かした品が並べられました。参加店舗の中には、新しく仲間入りしたお店も。「うちは、この土地に代々根付いてきたお店と、新たに起業した若手のお店がうまく溶け込んでいる商店街です。わけありもの市を通して、それぞれのお店の物語や商品の物語をお客さんに感じ取ってもらい、お店や商店街に愛着を持っていただければ。」と簗瀬さんは期待を抱いてます。

商店街で動物探し?

ブランコに乗る子ブタやベンチでたたずむキリン-ユーモラスな表情の動物達を探しに商店街へGO!

香川県坂出市の中心市街地の商店街で、11月8日(水)から、お店のどこかに隠れた動物を探すスタンプラリーが開催中です。

普段商店街を利用しない人にも足を運んでもらおうと、坂出市港町商店街振興組合が企画し、中心市街地の4つの商店街(大黒通り商店街・本町商店街・本通り商店街・元町名店街商店街)と協力して実現しました。

動物は市内に住む造形作家・岡山富男さんの作品で、擬人化したキリンや子ブタなどユーモアあふれる動物群の作品で知られています。

今回はキリン、子ブタ、シマウマ、ラクダがモチーフのオブジェが商店街の22か所に設置されました。

商店街の靴店の店内でブランコをする子ブタ

4m(ほぼ実物大)もある作品も!


坂出市では市のにぎわい創出事業として2016年春と今年1月にも岡山さんの作品の造形展を開催しましたが、その反響が大きかったため、今回は「動物とかくれんぼ」をテーマに、複数の商店街が連携しスタンプラリー形式のイベントを行うことにしました。

スタンプラリーの参加者は5か所ある指定店舗か市観光協会でスタンプカードを入手し、商店街の店の内外に設置された動物を探します。

発見したらそのお店(その動物のお世話をしているお店)でスタンプを押してもらいます。10個以上集めるとスタンプの数に応じて抽選で岡山さんの動物グッズなどがプレゼントされます。

また、12月10日まで、見つけた動物作品をモチーフにしたユニークな写真も募集しています。応募作品は2018年2月1日より商店街で展示され、優秀者には賞品が贈呈されるとのことです。

全22作品の写真入りスタンプカード

裏面には感想を書く欄もあり、そのまま景品の応募用紙になる


開始から約3週間が経過しましたが、週末は幼児から小学校低学年ほどの子供とその親や祖父母など、普段商店街に来ない客層で賑わっているそうです。
「スタンプ押印作業が思いのほか大変ですが、これを機に若い人達にお店を知ってもらえたら」と、港町商店街振興組合代表理事の河井利夫さんは期待を込めて語ってくれました。

開催期間は前・後期に分かれており、前期は2017年11月8日(水)から12月10日(日)まで、後期は2018年3月8日(木)から3月25日(日)まで。

前期終了後、作品は一度撤去され、後期は新たな設置場所で楽しめます。