プロから教わる「まち歩きツアー」企画の極意

市民をガイドに起用して、ここ5年間で延べ1800を超えるまち歩きツアーを企画運営し、リピーター数をグングン増やしている「まいまい京都」という団体があります。ユニークな企画を出し続け、最近ではNHKのまち歩き番組「ブラタモリ」にも登場するようになった「まいまい京都」さんに、その成功の秘訣をうかがってまいりました。

「まいまい京都」さんが考える “まちの魅力”とは、ズバリ“人の魅力”。
どんなまちにも歴史があり、知ると面白いモノやコトがあるわけで、その魅力を伝えられる人がいるかどうかが、カギなのだそうです。

まちの魅力を伝えられる人というのは、まちに強い愛情を持っている人。
そういう人がガイドになって参加者と一緒に歩くと、ガイドの“まちへの愛”が参加者にも伝染していく―――こうしてツアーは成功し、リピーターが増えていきます。

ツアー参加者は地元の人が多いので、結果、「まいまい京都」のツアーは、地元愛を育んでいるそうです。「通勤途中に見える景色が面白くなった」とか「毎日の生活が豊かに感じられるようになった」などというお客さまからの声が寄せられているとのこと。

なので、「まいまい京都」は、ツアーの企画ガイド探しを最も重要だと考えています。ガイドは、資格不要。ガイド歴ゼロという方も多いとのこと。人づてに紹介してもらったり、書籍、論文、ブログ等を読んだりして情報収集し、「この人は面白い!」という人にたどりつけば、熱心に口説き落とします。地元に詳しい人、趣味を深めている人、仕事を極めている人など、ジャンルは様々だとか。

コースの選定は、ガイドさんならではの感覚にほぼお任せ。「この人でないとできない!」という企画を立てることが大切だそうです。
例えば、
地元店主さんであれば、「自分の仕事と絡めて工房やお店めぐり」
趣味の人であれば、「その趣味にとことんこだわった偏愛ツアー」
など。ただし、ルートは欲張らず、1.5キロ~2.5キロぐらい距離を2時間ぐらいでゆっくり巡ることが多いそうです。
(ツアー料金は、ツアーにもよるそうですが、お一人2500円ぐらいとのこと。1グループの構成はお客さん15~20名+ガイド+事務局スタッフ)

実施運営にはお金をかけない!というのが大前提。事務所も、スタッフの雇用も不要です。広告宣伝費もゼロ。必要なのはWebサイト(99%がWebからの集客とのこと)とマイクと手旗だけ。ツアーのPRは、Facebook、Twitter、過去の参加者へのメール配信、プレスリリース、ネットメディアへの掲載依頼等、無料の手段を使って、日々情報発信を積み重ねてゆくのだそうです。

皆さんの周囲にも、地域や商店街を愛しその魅力を語りつくせる面白い人がいらっしゃるのではないでしょうか。そういう方にご協力いただき、まち歩きを企画してみるのはいかがですか?

※その他のinfo.(思いつくまま順不同)
・ガイドさんの謝金は、ツアー料金×参加人数の半分ぐらい。
・お客さんにアンケートを書いてもらい、必ずデータにして分析する。マイナスの意見に関しては、同行の事務局スタッフが客観的な立場からコメントを入れる。(例えば、お客さんが「時間が短かった」というコメントがあった場合、実際にツアーの内容が盛りすぎで時間が足りなかったのか、それともそれはそのお客さんの個人的な感覚でツアーとしては問題ないか、ということを同行スタッフが感じるままにコメントとする)それを後に分析して、必要に応じて次回のツアーに反映させる。⇒「まちゼミ」に似ているな~と思いました。
・ツアーの内容の細部までお客さんに事前に教える必要はないが、ツアーの特徴を的確にコースタイトルに打ち出す必要有。⇒これも「まちゼミ」っぽいですよね。
・現地集合・現地解散。宿泊の手配、チケットの手配をしていなければ運営サイドは旅行業務取扱管理者の資格は不要。

以上です。

きときと氷見で、ボンジュ~ル!?

富山県氷見市の漁港近くの中央町商店街で、本場パリを思わせる「うみのアパルトマルシェ」がスタートしました!!マルシェは、氷見市中央町商店街商店街振興組合と「うみのアパルトマルシェ」実行委員会の主催で、11月まで毎月第3日曜日に開催されます。

商店街にある8棟の共同防災ビル群をパリのアパルトマン(フランス語で集合住宅)に見立てることでパリの街並みを連想させ 、お店はカラフルなテントやモバイル屋台、通りには手作りのベンチや人工芝が登場し、おしゃれなマルシェができあがりました。
かき氷や焼き菓子などのフード系、木工・革小物などのクラフト系、セレクトショップによる物販系など約20店舗が並び、毎回新規店舗の参加もあります。何度訪れても新しいお店との出会いが楽しめそうですね。7月17日初日の開催を大盛況で終えた中央町商店街ですが、建物の老朽化や店主の高齢化など抱える問題は山積みなのだとか。

中央町商店街のアパルトマンこと8棟の共同防災ビル群は、木密地域の改善を目的に1970年頃建てられたもの。通常の建物と違い複数の地権者によって所有されているため、単独で解体や修繕などの処置が行えず老朽化が目立ちます。最近では、商店街北側の橋の老朽化に伴う架け替え工事も影響し客足はさらに遠のく状態に。

そんな状況を打破するための第一歩が、今回の「うみのアパルトマルシェ」。商店街の新しい担い手である若者を街に引き込むため、マイナス要素をいかにプラスに転じるかに重きを置き商店街のイメージアップを図りました。マルシェ開催にあたり、既存来街層以外の誘客・街の新しいイメージづくりなど、新しい層に向けた情報発信機能として、「海風ブラザーズのアパルト通信」を開設。ポールとヴァンという愛嬌ある2人のキャラクターをデザインし、「海風ブラザーズ」として登場させ、商店街やイベントについて紹介していく仕組みとなっています。
左がポールで右がヴァン。「海風ブラザーズのアパルト通信」についてはこちら。

初日の開催を終え実行委員会の藤田智彦さんは、「1回目を終え、当日のオペレーションなど細かな改善点が多く見つかっています。それを次に活かして、さらにマルシェを充実させます。また、マルシェの次のステップとして、若い世代にまちで起業や居住をしていただくためのソフト・ハード面での受け入れ体制を早期に構築していかなければならないと感じています。」と、今後の展望を語っていました。次回マルシェの開催は8月20日(日)。次回出店も、個性的でおしゃれなお店が勢ぞろいです。ぜひ、海風を感じながらマルシェに遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

小田原提灯コワかわ!お化けツアーin銀座商店会周辺(商店街ニュースから)

皆さまこんにちは。8月に入りましていよいよ夏本番です。
いかがお過ごしでしょうか。

支援事業の募集(8/1~8/15)も開始されましたので、
詳しくは
繁盛店づくり支援事業
トータルプラン作成支援事業/入門コース・実践コース
トータルプラン作成支援事業/地域商店街活性化法認定支援コース
トライアル実行支援事業
の各ページをご確認ください。

さて、商店街ニュースからこぼれ話を少しお伝えします。
小田原銀座商店会(神奈川県小田原市)で現在開催されている
小田原提灯コワかわ!お化けツアーin銀座商店会周辺」ですが、
小田原銀座商店会にはもともと5つの画廊があり(現在は4つ)、
日ごろから地元の画家や作家の作品を楽しむことができる、
芸術が街なかに溶け込んでいる土地柄だったそうです。

2003年からは、小田原の街並みをテーマにした
「街展(街なみ再発見展)」が始まりました。
作品はプロ・アマ問わず応募することができ、4つの画廊で開催される展覧会は
今では小田原の夏の風物詩となっています。
その「街展」の10周年を記念する事業として2012年に始まったのが、
「こわカワお化け提灯プロジェクト」だそうです。

お化け提灯は東海大学の学生さんたちが作るのですが、
提灯づくりはもちろん初めての人も多く、
そこで商店会が事前に提灯づくり教室を実施、
制作のポイントをしっかり学ぶことができるそうです。
その後学生さんたちは、それぞれのお店を回り、店主にお店や商品の特徴をリサーチし、
自分たちのアイデアも盛り込み、
個性あふれるお化け提灯を誕生させています。

今年誕生した5体のコワかわいいお化けのひとつ、本屋さんの“ぶんぶっく”。
大きな書籍の表紙に狸の顔、裏にはしっぽ、
左右に広げると本のページがアコーディオンのように開くデザインになっています。


このプロジェクト、当初9体から始まり、今では34のお化けがいます。
お買い物をしながら、散歩をしながら、コワかわいいお化けとの出会いを楽しめるのは8月7日までです。

同時に開催されている「コワかわ銀座スタンプラリー」のスタンプデザイン(こちらも学生さん制作です)もいただきましたので一部ご紹介します。

スタンプを押すインクも色とりどり用意され、カラフルな仕上がりが喜ばれているそうです。

残念ながら今年の「街展」は先週末で終了してしまっていますが、
コワかわいいお化けと出会いながら、
小田原銀座商店会の個性あふれる4つの画廊もぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

シャッター街で、遊ぼう。

3連休の中日である7月16日(日)、
大阪新世界市場のシャッター通りで、
値段のないマーケット「Wマーケット」が開催されます。

「シャッター街で、遊ぼう。」をコンセプトに、
昭和レトロな商店街が現代風に生まれ変わり
雑貨、ファッション、インテリア、飲食など多種多様な出店者が
日替わりで商品を並べます。

それだけでも十分楽しそうなイベントですが、
なんとこの週末市、全ての商品に値札がありません。
値段はお店の人との交渉で決まる「セリ」のようなスタイルで
買い物が楽しめる、新感覚のマーケットなのです。

買い手はコミュニケーションを通して店主の人柄に触れ、
商品の魅力やその背景にあるストーリーを知ることができる。
一つ一つの売買に出会いがあり、単に“物を買う”以上の満足感や価値が味わえる。
手に入れた商品は、より愛着のある特別なものとなること間違いナシです!

さらに、値段交渉の切り札として使える「バーゲンカード」、
気に入ったお店に資金援助ができる「リアルクラウドファンディングカード」
など、買い物がより楽しくなるユニークなシステムも。

公式インスタグラムには、レトロな商店街の魅力を最大限引き出した
おしゃれな写真が並んでいます。

そう、このイベントの主なターゲットは若年層・20~30代のファミリー層。
Wマーケットをきっかけに、これまで大型商業施設やテーマパークに流れていた層を
商店街へ呼び込もう!というねらいです。

企画・運営を手がけるイベント会社、
株式会社トリックデザインの運営事務局の森田純多さん(30)は
「我々若い世代だからこそできる切り口で商店街活性化に取り組みたかった」と
新しい感性で、同世代に“レトロで人情味溢れる昭和の商店街”の魅力をアピールしています。

第一回目の今回はオープニングマーケットとして単日開催ですが、
2回目以降は毎週末の定期開催で永続的に人を呼び込みこむ計画とのこと。
(2回目以降のスケジュールは第一回目終了後に決定予定)

なんと、買い手により支持されている店には最高500万の支援をし、
商店街の空き店舗へマッチングする開業支援制度も!
商店街に、より魅力的な実店舗を増やすことで、
永続的な賑わいを生み出すことを目指しています。

まずは大阪で実績を作り、いずれはそのノウハウとデータベースを
全国の商店街へ引き継ぐ予定といいます。
あなたの商店街でWマーケットが開催される日が来るかもしれませんね!

まずは7月16日、お近くの人は大阪新世界市場へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

Wマーケット 公式ウェブサイト:http://w-market.jp/

※この記事は、商店街ニュースでも紹介されています。
ご興味のある方はこちらから→店主とのふれあい=プライスレス! 値段のないマーケット、シャッター街に登場 【大阪府大阪市新世界市場】

商店街ど真ん中バーベキュー

6月23日付の商店街ニュースでご紹介した、大門商店街初のバーベキューイベント!!
(商店街ニュースはこちらをご覧下さい→商店街でキャンプ気分!「大門まちなかバーベキュー」
6月24日、初日の開催の様子を伺いました。
テーブル40席、お座敷2席、七輪30台を並べ、一度に300人のお客さんに楽しんでもらえるよう会場をセッティング。

「バーベキューイベントは初めてなのでどうなるかなぁ~」と不安を口にしていた津市大門商店街商業協同組合の近澤正浩理事長でしたが、
なんと!!当日は予想をはるかに超えるお客さんが!!!

バーベキュー開始の30分前に開場しお客さんが席に着き始めると…すでに300人分の席が埋まる勢い!!「この商店街にこんなに人がおるのを見たのは何十年ぶりやろか…」と驚く店主の方もいたとか。

この日限定の目玉イベントである松坂牛の販売や新鮮なお魚の販売(7月1日も販売あり)の他、ビアショルダ―を担いでの生ビール販売、商店街の店舗のおつまみセットのデリバリー、ギターの流しに大道芸も行われ昭和の懐かしさが残る商店街を大いに盛り上げました。

イベント初日を大盛況で終えた大門商店街ですが、一時は商店街を訪れる人の数は1日10人ほどに減り、「暗くて怖い」と地元の人も訪れない通りとなっていたそうです。
この写真からは想像つきませんよね!?

しかし、そんな状況がガラリと変わったきっかけが、今年の4月に行われた商店街の南通りの改装でした。同組合とNPO法人「サルシカ」が協働で、通りの両側に100個のランタンを設置し、名称も「ランタン通り」に改めました。すると、温かい灯りで照らされた通りには、子供連れや外国人観光客が足を運ぶようになり、今まで見たことのない顔ぶれが訪れるようになったそうです。

にぎわいを取り戻しつつある商店街をさらに盛り上げるべく企画された今回のイベント。まだまだ続きます。初日のイベントではテーブルも七輪もお肉もすべてが足りず、様々な問題があったとのこと。その問題への改善点を練り、より多くのお客様に楽しんでいただけるように挑みます。七輪の数は2倍に!お肉やおつまみもさらに増量!そして新たな目玉食材も登場します!7月1、7、8日の残りの3日間も目が離せません!!