Archive for 11月 8th, 2017

華麗なフォームで、めざせ「自転車マナー日本一」―第1回「押し!?チャリンピック」開催【兵庫県尼崎市三和本通商店街振興組合】

11月5日(日)、兵庫県尼崎市の三和本通商店街振興組合は、商店街での自転車通行のマナー向上を目的とした啓発イベントとして、自転車を押して歩く姿の“華麗さ”を競う「第1回押し!?チャリンピック」を開催しました。その様子は、先日商店街ニュースに掲載いたしましたが、ステキなお写真が沢山あるので、ブログでもご紹介させていただきます。

同商店街の通りは道路交通法により歩行者専用道路と定められているため、自転車走行は禁じられており、自転車通行者は本来自転車から降りて押し歩きをしなければなりません。しかし、ルールを無視して乗車したまま通行する者も多く、歩行者との接触事故が頻発していました。こうした状況の中、三和本通商店街振興組合は、「自転車マナー日本一」の商店街になることを目指し、昨年11月より自転車のマナーを楽しく学んでもらうキャンペーン「ちゃりんこ来恋(こいこい)大作戦」を実施。地元の幼稚園と協働で、子どもたちの絵を通じて安全な自転車利用を訴えるイベントなどを行ないながら、商店街の店主たちをはじめ、地域の子どもたちや親たちの自転車の乗り方の意識を変えてきました。

今回の「チャリンピック」も「ちゃりんこ来恋(こいこい)大作戦」の一環として開催されたものです。当日は、小さな子どもから大人まで32人が参加。ピンポン球(大人は10個で、子どもは5個)が入った皿を頭上に括りつけ、商店街に設けられた約60メートルの特設コースを自転車を押して歩き、設定時間1分間ピッタリでゴールできるかを競い合いました。

頭上のピンポン球を落とすと減点となるため、出場者は、背筋を伸ばした美しいフォームで慎重に自転車を押さなければなりません。優勝者には商品券1万円分が贈呈。タイム成績上位者以外にも最も美しいフォームで歩いた人には別途商品が用意されました。

10月31日に同商店街で開催されたハロウィンイベントとも連動しており、魔法使いやアニメのキャラクターなどの格好をした参加者もいて、イベントは大いに盛り上がりました。地元の中学生もボランティアとして活躍しました。


「こうしたイベントを続けることで、地域の人々の自転車マナーの向上だけでなく、商店街の活性化へとつなげていきたい。今まで商店街を自転車に乗ってただピューと通り過ぎていた人たちが、自転車を押して商店街を歩きながら、お店に立ち寄ってくれるようになったらいい」と、実行委員の鶴留朋代さん(日新てんぷら店経営)は、期待を込めて語っていました。