Archive for the ‘所感雑感’ Category

プロから教わる「まち歩きツアー」企画の極意

市民をガイドに起用して、ここ5年間で延べ1800を超えるまち歩きツアーを企画運営し、リピーター数をグングン増やしている「まいまい京都」という団体があります。ユニークな企画を出し続け、最近ではNHKのまち歩き番組「ブラタモリ」にも登場するようになった「まいまい京都」さんに、その成功の秘訣をうかがってまいりました。

「まいまい京都」さんが考える “まちの魅力”とは、ズバリ“人の魅力”。
どんなまちにも歴史があり、知ると面白いモノやコトがあるわけで、その魅力を伝えられる人がいるかどうかが、カギなのだそうです。

まちの魅力を伝えられる人というのは、まちに強い愛情を持っている人。
そういう人がガイドになって参加者と一緒に歩くと、ガイドの“まちへの愛”が参加者にも伝染していく―――こうしてツアーは成功し、リピーターが増えていきます。

ツアー参加者は地元の人が多いので、結果、「まいまい京都」のツアーは、地元愛を育んでいるそうです。「通勤途中に見える景色が面白くなった」とか「毎日の生活が豊かに感じられるようになった」などというお客さまからの声が寄せられているとのこと。

なので、「まいまい京都」は、ツアーの企画ガイド探しを最も重要だと考えています。ガイドは、資格不要。ガイド歴ゼロという方も多いとのこと。人づてに紹介してもらったり、書籍、論文、ブログ等を読んだりして情報収集し、「この人は面白い!」という人にたどりつけば、熱心に口説き落とします。地元に詳しい人、趣味を深めている人、仕事を極めている人など、ジャンルは様々だとか。

コースの選定は、ガイドさんならではの感覚にほぼお任せ。「この人でないとできない!」という企画を立てることが大切だそうです。
例えば、
地元店主さんであれば、「自分の仕事と絡めて工房やお店めぐり」
趣味の人であれば、「その趣味にとことんこだわった偏愛ツアー」
など。ただし、ルートは欲張らず、1.5キロ~2.5キロぐらい距離を2時間ぐらいでゆっくり巡ることが多いそうです。
(ツアー料金は、ツアーにもよるそうですが、お一人2500円ぐらいとのこと。1グループの構成はお客さん15~20名+ガイド+事務局スタッフ)

実施運営にはお金をかけない!というのが大前提。事務所も、スタッフの雇用も不要です。広告宣伝費もゼロ。必要なのはWebサイト(99%がWebからの集客とのこと)とマイクと手旗だけ。ツアーのPRは、Facebook、Twitter、過去の参加者へのメール配信、プレスリリース、ネットメディアへの掲載依頼等、無料の手段を使って、日々情報発信を積み重ねてゆくのだそうです。

皆さんの周囲にも、地域や商店街を愛しその魅力を語りつくせる面白い人がいらっしゃるのではないでしょうか。そういう方にご協力いただき、まち歩きを企画してみるのはいかがですか?

※その他のinfo.(思いつくまま順不同)
・ガイドさんの謝金は、ツアー料金×参加人数の半分ぐらい。
・お客さんにアンケートを書いてもらい、必ずデータにして分析する。マイナスの意見に関しては、同行の事務局スタッフが客観的な立場からコメントを入れる。(例えば、お客さんが「時間が短かった」というコメントがあった場合、実際にツアーの内容が盛りすぎで時間が足りなかったのか、それともそれはそのお客さんの個人的な感覚でツアーとしては問題ないか、ということを同行スタッフが感じるままにコメントとする)それを後に分析して、必要に応じて次回のツアーに反映させる。⇒「まちゼミ」に似ているな~と思いました。
・ツアーの内容の細部までお客さんに事前に教える必要はないが、ツアーの特徴を的確にコースタイトルに打ち出す必要有。⇒これも「まちゼミ」っぽいですよね。
・現地集合・現地解散。宿泊の手配、チケットの手配をしていなければ運営サイドは旅行業務取扱管理者の資格は不要。

以上です。

歴史ある「鉄道の街」として走り続ける商店街 (新潟県新潟市秋葉区・新津駅周辺商店街)~商ちゃんのペンが走る!⑤~

かつて、4人に1人が「ポッポ屋(鉄道関係者)」という街がありました。
新潟県新津市です。今は市町村合併で、新潟市秋葉区となりましたが、JR信越本線、磐越西線、羽越本線の3路線が乗り入れる鉄道の要衝です。
 
そんな「鉄道の街」として栄えてきた輝かしい歴史のある街のにぎわいを復活させようと取り組んでいる新津駅周辺商店街を取材してきました。当センターが発行する「商店街いきいきマガジンEGAO」の2014年秋号(10月発行予定)の特集「地域の魅力、再発見」で、歴史ある資産を活かした商店街の活性化事例として紹介するためです。
 
ということで、出張に出かけるため、新津駅近くの宿を取ろうとネットなど検索したのですが、宿泊施設が見つかりません。鉄道の街として栄えてきたというのに、皮肉にも昭和57年の上越新幹線の開業によって長距離列車本数が大幅に減少し、かつてはビジネスマンなどが多く利用しただろうと思われる駅前のホテルなどがほとんどなくなってしまっているという次第です。
 
やむなく、前日は新潟駅近くに宿泊し、当日は20分程信越本線に乗って、新津駅に到着。取材開始となりました。駅の周辺には多くの引き込み線や車庫、引き込み線のあちこちに停車する電車の姿が見えます。駅から少し離れたところには、車両製作所や鉄道資料館もあります。
資料館前には、SLと新幹線車両が並び、壮観でした。

商店街の取組みは、この資料館を核として、駅前商店街の回遊性を高めてにぎわいを取り戻させようというものです。
 
 毎年、夏には「にいつ鉄道商店街」と銘打ったイベントが開かれます。これは、商店街自体を「鉄道資料館」に見立て、資料館から鉄道グッズを借り受け、商店街の各お店に置いて、顧客を呼び込もうというもので、平成23年から行われています。周辺には、転勤を重ね、リタイアしてからも、そのまま最後の勤務地の新津に住み着いた元国鉄OBなども少なくありません。そんな人たちが、孫を連れたりしながら訪れ、かつての様々な鉄道グッズを前に、誇らしげに昔の話をしたり、「そうじゃない。もっと腰を、こう低くして」と、罐(かま)焚きの仕方を身ぶり手振りで、若者に熱心に教える――そんな光景がいたるところで見られるそうです。もちろん、全国各地からも鉄道愛好家が多く訪れます。まさに、「住んでよし、訪ねてよしの商店街」ですね。
 
 「にいつ鉄道商店街」は年を追って来街者が増え、多くの人でにぎわいます。各店のグッズは資料館からの借り物だけではありません。商店街の店主には、かつての鉄道関係者の子や孫も少なくないため、受け継いだものもかなりあるそうです。だから、イベント期間中だけでなく、年中、商品とともに店内に陳列され、お客の目を楽しませたりもします。地域の魅力は、そこに住む人たちが、いかに地域への愛着と誇りを持つかで決まります。業(なりわい)は変わっても、鉄道を活かした商店街のまちづくりは、父やおじいちゃんたちがかつて仕事に賭けた熱い想いへの尊敬の念を示す恩返しでもあるのです。
 
今回の取材の紹介は、10月に発行予定の「商店街いきいきマガジンEGAO」に掲載されます。
乞うご期待!

「宇宙に一番近い街」の商店街を満喫!~神奈川商店街観光ツアー「相模原JAXAと商店街ツアー」体験記~

こんにちは、支援センター広報 宮内です。
我が広報チーム内では最近「商店街ツアー」がブームとなっており、休日に仕事抜きで参加するメンバーが続出(?)しています。

仕事抜きとはいいながら、お昼休みなどに話を聞いていると「これは!」と思う情報はお伝えしたくなるのが広報魂(笑)。
そこで、今回は広報チームの江戸っ子姉御Kマネージャーの「神奈川商店街観光ツアー『夏休み!宇宙を感じる相模原JAXAと商店街ツアー』体験記を聞き書きでお届けします!

*****
―毎回いろんな趣向で「攻めてる感」満載の神奈川県商店街観光ツアーですが…今度は「宇宙を感じる」と来ましたか!!
K:神奈川県相模原市にある「JAXA(宇宙航空研究開発機構)相模原キャンパス」の最寄駅「JR淵野辺駅」を起点に、JAXA見学はもちろん周辺の商店街の魅力を満喫してしまえ!という欲張り(?)な企画。一部移動にバスを使った分、見学や散策にたっぷり時間をとって、商店街の中をガンガン歩き回りました!
 
―最初に訪ねた西門商店街は、最近「朝市」が人気だそうですね。
K:西門商店街はかつては「相模原のアメ横」と呼ばれた街。そのにぎわいを取り戻すべく神奈川県内の朝市が一同に会する「さがみはら朝市まつり」の開催が始まり、この日はその5回目。…というような情報もバスの中でインプットしていざ、朝市へ!
特設ステージでは太鼓や子どもたちのダンスなどが披露され、地場野菜や三崎の海産物、茅ヶ崎メンチなどふるさとグルメのブースが40くらい並んでいて、賑わってました~

―商店街の雰囲気はどんな感じでした?
K:朝市のメインストリート以外もウロウロ探索しましたが、品揃え豊富な魚屋さんとか八百屋さんなどが目につきましたね。今回は夕方までツアーで歩き回るので購入はガマンしましたが、プリプリのお魚に後ろ髪ひかれる想いでした(笑)
 
―午前中朝市を楽しんで、再び淵野辺駅へ。
K:淵野辺は「宇宙に一番近い街」と銘打ち、JAXA見学に訪れた方々をあの手この手でもてなそうと頑張ってる街。実は駅から歩いて3分の鹿沼公園ギャラクシーステージで、毎年8月に「ムーンウォーク世界大会」が開催されているんですが、なんとこの日、昨年大会で優秀な成績をあげたパフォーマーさんが駅で私たちを迎えてくださったんです。

初歩のレッスンもあり、ツアー参加者も挑戦しました!

(ちなみに今年の「ムーンウォーク大会」は8月3日に開かれ、世界各地からダンスパフォーマー100組が集結したそうです!
詳しくはこちらの商店街ニュース(8月5日配信)をご覧ください!)

身体を動かし、いい感じでおなかもすいたところで、一同、駅から歩いてすぐの商店街「にこにこ星ふちのべ」に移動しました。ここで「はやぶさグルメ」をいただきます!

―「はやぶさグルメ」?
K:商店街の中のいろんなお店が、それぞれ「はやぶさ」や宇宙にちなんだ「宇宙的グルメメニュー」を開発しているのです。今回の商店街ツアーでは、「ぼんくら」さんの「ダークマターカレー」と「笑うかど庭」さんの「ミニはやぶさ丼」の2コースに分かれました。
私のチョイスは、こちらの「ミニはやぶさ丼」。

―これで、ミニですか…!?
K:本物の「はやぶさ丼」は、8823カロリーの丼なんです。我々の年代がガチで食べたら大変なことになるので「ミニ」仕立てにしてもらいました(笑)さらに「伊藤製菓」さんでの「パン作り体験」か、「つるや」さんでの「ストラップ作り体験」の2コースに分かれ、私はストラップをつくりました。


―商店主さんたちとコミュニケーションをとりながらの「体験プログラム」は商店街観光ツアーの醍醐味でもありますよね。
K:その通り。始めて訪れた商店街ですが、これですっかりお馴染みさん気分になりましたね。その後いよいよJAXAの見学に向かいました。


JAXAの方々と地元商店街は普段から交流があり、我々を案内してくださった阪本先生はなんとあの「はやぶさ丼」の考案者でもあるんです。商店街のよしみで(笑)、かなり念入りにキャンパス内を案内してくださいました!はやぶさⅡについての講演もそれはそれは面白かったです!!


はやぶさ帰還のときのエピソードも臨場感たっぷりに伺い、ロケットの爆音も体験し、展示ロケットにもタッチして、大満足!
ツアー解散後もまた商店街に戻って家族で軽く一杯、ほろ酔い気分で街歩き。「はやぶさ手ぬぐい」やら「はやぶさ日傘」など「宇宙に一番近い街」ならではのグッズを購入。「宇宙に一番近いまち」を堪能した一日でした!
 
淵野辺の商店街では宇宙ファンの心をくすぐるグッズやグルメがいろいろ工夫されているので、JAXA見学に行かれる方には淵野辺の商店街の散策、おすすめです!

*****
…ツアー参加後、Kマネージャーは淵野辺でGETした「はやぶさ日傘」を愛用中。
ひらくとまるでプラネタリウムのような日傘がくるくると回るのを見るたびに、「遊び心のある街だなあ。ほかにどんなグッズがあるのか散策してみたいなあ」と心ひかれるワタクシでございました。
「商店街観光ツアー」には、参加してない人まで商店街のファン予備軍に変える力があるのかもしれません…!!

「未来希望図」パワーにびっくり!?~EGAO2014秋号・岡山津山取材記~

こんにちは、支援センター広報宮内です。
先週あたりから、広報チームのデスクには終日あるじ不在の席が増えてきました。
夏休み…ではなくて、10月刊行予定のEGAO2014秋号の取材に入れ替わり立ち代わり出かけているのです。
先日岡山県の津山での取材を終えたばかりの井上マネージャーを捕まえて(?)、取材の模様など聞いたのでご紹介しようと思います。

*****

―津山は何の取材だったんですか?

井上:雑誌「EGAO」には毎号2つの柱があって、1つは商店街活性化に関わる方々に今知っておいてほしい旬の情報にスポットをあてる「特集」パート。もう1つは実際我々センターの事業がどんな方々にどういうふうに活用され、どんな効果をあげているかを紹介する「支援センターの事業紹介」パート。今回は「事業紹介」パートの取材でした。
岡山県津山市の本町三丁目商店街さんは、昨年度「商店街の10年後を目指したビジョンづくり~商店街の組織力強化事業(現:トータルプラン作成支援事業ビジョンづくりコース)」に取り組まれ、それを機に活性化への歩みを着々と進めていらっしゃるということで、水野理事長さんほかキーマンの方々にお話を聞きに行ったのです。

岡山第三の都市・津山の駅に降り立ち…


駅のそばを流れる吉井川の川向うに広がる市街地の中に…


目指す「本町三丁目商店街」があります!


江戸時代の商家を利用した複合施設「バール横丁」にちなみ別名「バール通り」とも呼ばれているそうです


―「ビジョンづくり」といえば、このブログでも何度かご紹介しましたが、研修の締めくくりに「未来希望図」をつくるんですよね?

井上:そうです。本町三丁目商店街さんでは、水野理事長さんはじめ、同世代の何人かUターンしお店を継いだ。そのとき、水野さんたちは、子どもの頃の商店街と様子があまりにも違うので愕然としたそうです。かつては岡山県下第三の都市である津山市の中でも、出雲街道沿いの商店街として人があふれんばかりだった。それが大規模商業施設の開業や道路整備によるものか、商店街のつながりが分断されてしまって街がかつての賑わいを失ってしまった。何とかしなければ!と模索していたときに、ちょうど支援センターの事業の「10年後のビジョン」という言葉に響くものがあり、すぐ取り組みを決められたそうです。で、やってみて、「未来希望図」づくりが想像以上に効果をあげた、とのことで…

水野理事長さんにお話しを伺いました


―「未来希望図」の効果?
井上:そうなんです。みんなで「ここにこんなスペースがあるといいよね」「ここでこんなことができたらなあ」「ここにこんな飲食店があればうれしい」なんてワイワイ言いながら雑誌の切り抜きやらイラストやら持ち寄って貼り付けていった「未来希望図」がこちらなんですけど…

こちらが皆さんで作成された未来希望図!(クリックで大きなサイズがご覧になれます)


これで、「角の空き地にイタリア料理店があるといいなあ」とペタペタ切り貼りしてたら、
今、本当にイタリア料理店ができたらしい。

―ええっ!?イメージの力、おそるべし!?

井上:もちろん全部が全部思い通りというわけではありませんが(笑)、これでやりたいことをある程度具現化して、みんなの頭の中に共通のイメージができることで、様々なものが動きだすこと。そして誰かが何かをはじめれば、その周りに人が集まり、人と人とがつながって力が大きくなっていくこと。何より、商店街を良くするために、参加した人たちも自ら考え行動するようになったことを大きな成果として実感されたそうです。

共に活性化に取り組む方にもお話しを伺いに行きました


理事長と同世代、Uターン組の臼井さん。熱いお話しと…


冷たくておいしいお茶を堪能させていただきました!

詳しくはEGAO秋号の記事でご紹介しますので、楽しみにしていてください!

―センター事業を効果的に活用していただけたとのこと、うれしいですね!

井上:本当にうれしいことです。ただ、取材していて気づいたんですが、うまく活用してくださる方々には、共通点があるんですよ。例えば事業の応募要項に記載された研修日程の1回1回のその間の時期をどう過ごしているのか。そのあたりの、活用のコツ的なことも、今回のEGAOの記事をお読みいただければ見つけていただけるのではないでしょうか。

*****
というわけで、着々と取材は進んでいるようです。
ところで、井上マネージャーは今回の津山取材でひとつだけ心残りがあるんだとか。
実は、水野理事長のお店「キゾウ」は雑貨屋さんでありお蕎麦屋さん。理事長自らそば打ち修行した自慢のそばを食べることができるんです。

水野理事長のお店「キゾウ」。モダンな外観の中では雑貨とお蕎麦が楽しめます!


でも、今回の取材では先に食事をすませてしまっていて、水野理事長のそばを味わうことができず!食べ損ねた無念を胸に、次は徳島の取材へと旅立っていった井上マネージャーでありました。

商店街いきいきマガジンEGAO2014秋号はこのようにただいま鋭意取材中(10月刊行予定)です。また、現在EGAO2014春号はこちらからお申込み(無料)になれます。こちらもぜひ!

湧き水利用の「水基(みずき)巡りの道」を整備して、にぎわいを取り戻した商店街 (熊本県・阿蘇一の宮門前商店街) ~商ちゃんのペンが走る!④~

「火の国」として知られる熊本は、「水の国」でもありました。
阿蘇山麓の豊富な地下水が、ほんの15年前まで人通りのなかった商店街も蘇らせたのです。
 
当センターが発行する「商店街いきいきマガジンEGAO」の2014年秋号(10月発行予定)の特集「地域の魅力、再発見」で、自然の恵みを生かした商店街の活性化事例として紹介するため、熊本県阿蘇市の阿蘇一の宮門前商店街を取材してきました。

阿蘇一の宮門前商店街


阿蘇山の麓、阿蘇一の宮神社に隣接する阿蘇一の宮門前商店街は全長200mの通りに35軒ほどの店舗が軒を連ねる小さな商店街です。
 
阿蘇神社の参拝客は年間50万人と推計されますが、商店街へはほとんど流れていませんでした。そこで、観光客を呼び込む新たな魅力をつくれば、商店街も息を吹き返すだろうと、阿蘇の豊富な湧き水に着目した「水基(みずき)巡り」の道を整備し、多くの観光客の誘致に成功しました。
 
水基とは水が出る基、水飲み場という意味の造語。それまでは店の台所や裏にあったパイプを通りの見える場所に出し、店舗の前にそれぞれ個性あふれる水基をつくられています。それぞれに趣向を凝らしたデザインが施され、店舗に合ったユニークなネーミングを付ける工夫を施したりしました。
 
たとえば、時計屋の前には時計の文字盤をあしらった「竹沢(ちくたく)の雫(下の写真)」といった具合。

竹沢(ちくたく)の雫


若手を中心に、湧き水や地元の産物にちなんだ商品開発にも意欲的です。
古い商家を改装した雑貨・コーヒー店が提供する「水出しコーヒー」はまろやかで良い香り。熊本名物の馬肉を使った揚げ立てのコロッケもほくほくでグーでした。
 
「商店街いきいきマガジンEGAO」の2014年秋号は10月に発行予定です。乞うご期待!