今年の夏も背筋がゾクリ―舞鶴・三条商店街でホラーハウスのオープン間近!

今年もお化けの季節がやってきました。京都府舞鶴市の三条商店街では、間もなくホラーハウス(お化け屋敷)がオープンします!
日本遺産の旧軍港の赤れんが倉庫群などを訪れる観光客を回遊させて街の賑わいにつなげようと、商店街関係者、地域住民の有志が福知山公立大学の学生と協働で2016年から始めたこの取組みも、今年で3年目。舞鶴の夏の風物詩としてすっかりお馴染みとなりました。

今年のタイトルは「ロシア病院の謎」。
実は、地元青葉山の麓にある青葉山ろく公園の端に、旧海軍第三火薬廠というコンクリートの建物跡があり、そこが兵器工場だったにもかかわらず、心霊マニアの間でなぜか「ロシア病院」と呼ばれるようになったというのです。そんな地元のリアルな廃墟スポットを題材にすることで、より多くの人々の関心を呼び、地域活性化につなげたいと、今回のホラーハウスは企画されました。会場は、現在活動を停止している東舞鶴実業会館。近畿財務局の管理下にある土地を有効活用し、特定国有地のPRも兼ねたアトラクションイベントを目指しています。

実行委員会及び地元の有志、大学生が協力し、お化けはすべて手作り。マネキンを使い、できるだけリアルに見えるように工夫されたお化けはおどろおどろしい出来栄えで、暑い舞鶴の夏の夜にとびっきりの涼気をもたらすこと間違いなしです。


今年のホラーハウスは、市民の縁日といわれているイベント「はまっこ夜の市」(土曜の市)とコラボ形式で実施されます。開催期間は、6月30日(土)から8月19日(日)までの午後1時~7時。(夜の市の開催日6月30日、7月7・14・21日は午後9時まで)。入場料500円(中学生以下は無料)です。

昨年の取組みから益々グレードアップされているご様子。お客様の反応が楽しみですね!

Leave a Reply