真っ赤なりんごで想いを届ける、“アップルバレンタイン”

2月も後半。先週は2月のビッグイベントの一つ、バレンタインデーがありましたね。男性のみなさんはチョコをもらえましたか?日本のバレンタインといえば女性から男性にチョコを贈る日とされていますが、海外では、男性から女性に花束やメッセージカードを贈る国が多いのだとか。バレンタインの過ごし方は国によって様々ですね。

そんなバレンタインイベントと地域活性を上手く組み合わせた取組みが、青森市中心商店街女性部(JR青森駅前の7つの商店街で構成)によって行われています。

その名も、“アップルバレンタインデー”

なぜ、バレンタインにりんごなのか・・・
「バレンタインの真っ赤なハートから、真っ赤なりんごを連想しました」(女性部の伊香佳子さん)とのことですが、用意されたりんごの赤色がなんとも鮮やか!!浪岡町のりんご農家さんが丹精込めて育てた完全完熟の逸品です。イベントは13、14日の2日間で実施され、女性部に加盟している約50店舗が対象となりました。この取組みは、りんごの産地である浪岡町と青森市が合併した2005年から開始され、今年で13年目。合計1500個のりんごが、対象店舗で男女問わず商品をお買い上げの方にプレゼントされました。りんごに慣れ親しんでいる地元の方でさえ、衝撃の美味しさを伝えに再びお店を訪れるほどだそうです。最近目立ち始めた外国人観光客にも大変喜ばれています。

同商店街が位置する青森市は、この時期深い雪に覆われ外を歩く人の姿はまばら。街に活気をもたらそうと始めたアップルバレンタイン、馴染みのりんごに興味を抱いてもらえるか半信半疑だったそうですが、いざ始めてみると、真っ白な雪景色の中にりんごの赤色が鮮やかに引き立ち、街の雰囲気が明るく変わりました。さらに、甘い物が苦手な人や、健康に気を遣っている人にはチョコよりも喜ばれ、一石二鳥の効果も!商店街の活性化を目的に企画されたアップルバレンタインですが、商店街だけにとどまらず、地域農業の一助となっています。りんごの生産は常に自然の影響を受けるため、例えば台風が襲来すると、実が落下し傷ついて商品として販売できません。その中でも、美味しく食べられるりんごをイベント用に購入することで、農家さんの支援となり被害の拡大を防げます。「りんご1個で医者いらず。という言葉もあるくらい、りんごは体にいいんです。真っ赤なりんごに私たちの気持ち(ハート)を託し、街のみなさんの健康と商店街の発展をこれからも願って行こうと思います。」と、伊香さん。

心を込めてラッピングを施したりんごで、今年も商店街を訪れるお客さんを温かく迎えていました。

Leave a Reply