「わけありの品」が主役。昭和レトロな商店街で開かれた「わけありもの市」

12月に入り今年も残り1ヶ月となりましたね。冷えが厳しくなり、冬の澄んだ空気が街の灯りを綺麗に映し出しています。12月は行事が多く忙しい時期ですが、新年を迎えるためにかかせないのが、大掃除。意外な場所から探し物がでてきたり、昔着ていた服が今の流行にぴったりだったり、押し入れに眠っていた物が実は高価な物だった…なんてことも?!

そんな普段日の目を見なかったものを主役にした「わけありもの市」が、JR青梅駅前(青梅本町商店会、住江町商店街振興組合)の商店街にて開催されました。こちらの商店街には、江戸時代から続く傘専門店や明治時代創業の文具店など老舗の店が存在し、街中には昭和30年代の映画作品が描かれた看板があるなど、昭和の趣ある街並みが楽しめます。しかし、店主の高齢化に伴い閉店する店が相次ぎ、人通りは減少。さらに、買い物といえばショッピングモールやスーパーが当たり前となり、対面販売の店への入りにくさから客足は遠のいていました。
そんな状況を止めるべく、もっと商店街に人を呼び込もうと、商店街の若手店主で構成された「青梅駅前ネットワーク」が2015年に発足。同メンバーの簗瀬まり子さんは、「老舗の店が多い商店街だからこそ、掘り出し物の商品があるのではないか。それが月1の割合で店に並んだら面白いのではないかと思い、今回のわけありもの市をやろうと思いました。」と話してくれました。

「わけありもの市」では、店の奥に足を進めてもらうきっかけとして、各店の個性を出した「わけあり」の目玉商品が店頭に陳列。わけありの品々の中には、特価品ばかりでなく老舗店ならではの希少な高価品もお目見え!!

今回で5度目の開催となった「わけありもの市」は、出店数も増え、軒先出店16店、出張商店5店の参加となりました。参加店は「わけありもの市」と書かれた木の表札を掲げ、クラフト作家による手作り品、高級フレグランスの1000円均一商品、限定で仕入れた花の苗、同商店街ならではのレトロなスケッチ箱など各店の特色を活かした品が並べられました。参加店舗の中には、新しく仲間入りしたお店も。「うちは、この土地に代々根付いてきたお店と、新たに起業した若手のお店がうまく溶け込んでいる商店街です。わけありもの市を通して、それぞれのお店の物語や商品の物語をお客さんに感じ取ってもらい、お店や商店街に愛着を持っていただければ。」と簗瀬さんは期待を抱いてます。

Leave a Reply