「商店街フォーラムIN熊本」ご参加ありがとうございました。

3月6日(月)熊本市内にて開催いたしました「商店街フォーラムIN 熊本」に
ご参加、ご協力、誠にありがとうございました。

熊本地震から1年を前に改めてこの震災を振り返り、
また今後生活者として商業者としてどう災害に備えていくか、
またどう地域を復興・活性化していくかに焦点をあてた
今回のフォーラムはいかがだったでしょうか?

地元代表挨拶、基調講演、パネルディスカッションにご参加いただいた皆様からは、
・あらためて震災直後からの動きを振り返ることができた。
・それぞれの立場で災害時にやるべきことを考えさせられた。
・商業者、商店街ができる備えについて学ぶことができた。
・具体的な各地(パネリスト)の事例が大変参考になった。
・今後の観光を視野に入れた復興に希望を感じた。
等々、たくさんのご感想をいただきました。

また、今回運営にあたりご協力をいただいた皆様、
本当にありがとうございました。

熊本の皆様の震災に負けないお気持ち、そしてあたたかなお心遣い、
何よりも圧倒的な懐の深さに触れさせていただきまして、
職員一同気持ちをあらたに、今後も震災からの復興、
そして活性化をお手伝いしていきたいと思います。

参加者(入場無料)募集中!3月6日(月)開催「商店街フォーラムIN 熊本」

皆様こんにちは。

先日このブログでもお知らせしました「商店街フォーラムIN 熊本」の
開催が迫ってまいりました。
本フォーラムでは「熊本地震から1年。復興から活性化へ」をテーマに、
被災された熊本の商店街関係者の皆様の経験をもとに、商店街がどのように災害へ備え、
また復興~活性化への道を歩むべきかを汎用的な視点でとらえる内容に
なっています。

地元代表挨拶
釼羽逸朗氏(熊本県商店街振興組合連合会会長/健軍商店街振興組合相談)
「震災の教訓とこれからの商店街」

基調講演
国崎信江氏(株式会社危機管理教育研究所代表/危機管理アドバイザー)
「熊本地震から1年。これから必要な取組み」

パネルディスカッション
テーマ:「復興から活性化へ。次の一手を考える」
コーディネーター:石原武政氏(流通科学大学商学部特別教授)
パネリスト:松永和典氏(熊本市中心商店街等連合協議会会長/下通繁栄会会長)
杉本真也氏(阿蘇門前町商店街若きゃもん会元代表)
野田良輔氏(大分県竹田市副市長)
中多英二氏(神戸元町商店街連合会・事務局長)
今村まゆみ氏(観光まちづくりカウンセラー・元「じゃらんガイドブック」編集長)

防災、まちづくり、商店街活性化にご興味のある方、
熊本県内、九州地方にお住まいの皆さまはもちろん、
それ以外の方も是非会場にお越しください!

※ご参加には事前登録が必要です。
 お申し込みはこちらから

■■■「商店街フォーラムIN 熊本」開催概要 ■■■
1.日 時 平成29年3月6日(月)13時00分~17:00(受付12:00~)
(名刺交換交流会17:30~19:00)
2.会 場 KKRホテル熊本 〒860-0001 熊本県熊本市中央区千葉城町3-31
3.申込締切 2月24日(金)
4.参加費 無料(要事前申込・名刺交換交流会は参加費 4,000円税込)

「第4回全国まちゼミサミット」ご参加ありがとうございました。

2月2日愛知県岡崎市民会館にて開催されました
「第4回全国まちゼミサミット」にご参加、ご協力いただきました皆様、
誠にありがとうございました。

全国各地(北海道から沖縄まで)500名を超える皆様にお集まりいただき、
商業者を元気にし、地域を活性化できる手法としていま注目されている「まちゼミ」について
学び、考え、意見を交わした1日はいかがだったでしょうか?


とくに分科会では、「まちゼミ」の効果的な運営、参加店増加促進やPRの手法、
他主体との連携、まちゼミの基礎知識など7つのテーマをご用意しましたが、
実践者の事例発表に続いた質疑応答では、参加者のご発言をたくさんいただき、
各会場で活発な意見交換が行われたとのこと、
ご参加の皆様がたくさんのヒントやアイデアをご自身の地元に持ち帰られて、
さらに今後の「まちゼミ」を進化(深化)させていかれることを期待いたします。

パネルディスカッションでは、流通科学大学特別教授石原武政氏をコーディネーターに、
高齢化、大都市への一極集中、後継者問題など、今全国各地の商店街やまちが抱える
課題の解決策としての「まちゼミ」の可能性について4名のパネリストと議論。
「まちゼミ」の取り組みは、地域商業・経済を活性化するだけでなく、
地域全体の価値も高めることにも繋がるというお話は、たくさんの方が頷かれていました。

今後も期待される「まちゼミ」の役割や更なる可能性について
たくさんの議論、ヒント、アイデア、そして交流が生まれた1日でした。

全国商店街支援センタースタッフ一同、「まちゼミ」に取り組む商店街、
支援機関の皆様のお役にたてるよう、今後もバックアップしてまいります。

2017年3月6日(月)「商店街フォーラムIN 熊本」開催!

皆さまこんにちは。

本日は、来る平成29年3月6日(月)、熊本市において弊社が開催する
「商店街フォーラムIN 熊本」についてお知らせします。

昨年4月の熊本地震により被災した多くの商店街では店舗の修復作業も進み、
日常を取り戻しているところもあります。
被災地域の商店街が今後の活性化の指針を定めるためには、
まず、今までの震災復旧復興の道のりを振り返り、震災の影響を勘案しながら、
将来的な地域の商環境や住民の生活環境を予測し、
自らの機能を高めるための方策を考えるが必要があります。

本フォーラムでは、「熊本地震から1年。復興から活性化へ」をテーマに、
県内商店街の復興の歩みを生の声でお伝えするほか、
危機管理の専門家による防災対策を含めた具体的事例を紹介する講演、
過去に被災地復興に携わった実践者や専門家をパネリストに迎え、
復興から九州全体の観光も視野に入れた活性化について議論する
パネルディスカッションを行います。

1. 日 時 平成29年3月6日(月)13時00分~17:00
                  (名刺交換交流会17:30~19:00)
                  (受付12:00~)
2. 会 場 KKRホテル熊本 (熊本県熊本市中央区千葉城町3-31)

3.参加者 定員150名程度(事前登録制にて先着順)

4.対象 被災商店街関係者、今後災害に備えようと考えている商店街関係者、行政、支援機関

5.申込締切 2月24日(金)

5. 参加費 無料(名刺交換交流会は参加費 4,000円税込・事前申し込みが必要です)

6.主 催 ㈱全国商店街支援センター

7.後 援(予定) 
     経済産業省九州経済産業局、独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部、
     熊本県、熊本市、熊本県商工会議所連合会、熊本県商工会連合会、
     熊本県中小企業団体中央会、 熊本県商店街振興組合連合

今月の商店街募集のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。
お正月はいかがだったでしょうか。

酉年は、運やお客様を取り(酉)込んで、商売繫盛につながる年だそうです。

本日から以下の支援センター事業にて商店街の募集を開始しました。
関係者の皆さま、商売繁盛、商店街繁栄のためにぜひご検討ください。

1.繁盛店づくり支援事業(第11回募集開始)
商店街の店主の意識と行動の改革を促し、
魅力ある繁盛店を育成するための研修事業です。
◇募集対象:商店街等
◇料金:無料(※今回は「1日体験コース」のみの募集です。)
☞ http://www.syoutengai-shien.com/support/08.html

2.トータルプラン作成支援事業(第11回募集開始)
地域や商店街の課題解決に向けて、
トータルプラン(ビジョンづくりからプランづくり)の作成を
一貫サポートするための研修事業です。
◇募集対象:商店街等
◇料金:無料
☞ http://www.syoutengai-shien.com/support/14.html

3.地域商店街活性化法認定支援事業(第11回募集開始)
地活法の認定に向けて、事業計画作成や申請に必要なノウハウを提供します。
また、認定後の事業計画変更申請等に係る事業計画作成支援を行います。
◇募集対象:商店街等
◇料金:無料
☞ http://www.syoutengai-shien.com/support/15.html

4.トライアル実行支援事業(第7回公募開始)
商店街が考案した課題解決のためのユニークなアイディアを自立的・継続的な仕組みとして
確立できるよう専門家を派遣し、アイディア試行のプロセスを支援します。
全国の商店街に対し、その仕組みを推進するためのプロセス、
手法等の普及啓発と汎用化の促進を図ります。
◇募集対象:商店街振興組合、商店街振興組合連合会、事業協同組合、
協同組合連合会、任意の商店街組織、商工会議所、商工会
◇料金 :無料
☞ http://www.syoutengai-shien.com/support/07.html

上記4つの事業の募集期間はすべて、
1月4日(水)~1月16日(月)
までです。
今年度最後の募集となりますので、お早めにお申し込みください。

その他、現在募集中の事業です。
商店街よろず相談アドバイザー派遣事業 (随時)
熊本地震による被災商店街の復興に向けた情報・ノウハウ提供事業 (随時)