facebook page

特集ピックアップ一覧を見る

  • 未来への鍵は、“積極的な連携”と“コミュニティの課題解決”
    独自の取組みで注目を集める元気な商店街があります。
    しかし、その商店街も最初から目覚ましい成果をあげたわけではありません。
    想いを持つ人が勇気ある一歩を踏み出し、努力と試行錯誤を重ねる中で共感する仲間を増やしながら、一つひとつの課題を乗り越えてきたはずです。
    今もチャレンジを続ける先駆者たちの声から、商店街活性化に共通するヒントが浮かびあがってきました。
  • Win-Win連携の築き方
    独自の取組みで注目を集める元気な商店街があります。
    しかし、その商店街も最初から目覚ましい成果をあげたわけではありません。
    想いを持つ人が勇気ある一歩を踏み出し、努力と試行錯誤を重ねる中で共感する仲間を増やしながら、一つひとつの課題を乗り越えてきたはずです。
    今もチャレンジを続ける先駆者たちの声から、商店街活性化に共通するヒントが浮かびあがってきました。

商店街活用化事例ピックアップ一覧を見る

  • 繁盛店への道のり‘‘気づき‘‘を重ねて魅力アップ
    能登半島の北側に位置し、朝市や白米千枚田といった観光資源のある輪島市。毎年100万人を超える観光客が訪れる(テレビドラマの影響もあり、'15年は142万人が来訪)。にぎわいを見せるこの街に、さらなる魅力を増やそうと、「繁盛店づくり」に意欲的に取り組む店主たちの工夫や想いを紹介する。
  • 「乾物への想い」を未来へ。愛しき“ よそ者”に事業承継
    個人商店として後継者を公募するという日本初の試みを行った、清水駅前銀座商店街の乾物店「蒲原屋」。47年間店を切り盛りしてきた金子武さんが、市外在住の“よそ者”である新谷琴美さんに店を託して、1年が経過した。金子さんが「マイナス面はなかった」というこの承継が、商店街全体に若者を呼び戻すきっかけにもなっている。
  • 商店街支援情報
  • 新着情報

※外部サイトの商店街支援情報(官公庁・自治体)

※その他の助成金募集情報はJ-NET21

契約入札公募情報